最近のニュース 新着一覧≫


2018/08/02

塚田好宣「24時間ゴルフ」挑戦手記

パッティングもグリーンを狙うショットにも問題はある。パッティングストロークはデータを取りながら修正したし、違うパターを何本も試したりした。だが、試合になるとバーディが獲れない。そんな状態がずっと続いていた
2018/07/05world

ミッションは「コントロール」 トミー・フリートウッド

ない。だからフェースはスクエアに保つか、ほんの少しだけオープンにする。 グリーン上 良いパッティングはストロークとヒットの違いを理解するところから始まる。ストロークをして、パターが前後に動くエネルギー
2018/10/28WGC HSBCチャンピオンズ

久々に笑顔の理由 苦悩の松山英樹は日本ツアー2連戦へ

そば3mにつける妙技でバーディを決めたが、9番は4日間で3つ目のボギーとして72ホールを終えた。前日に「打ち方が分からなくなった」と困惑したパッティングは「きょうは良いところもあった」というが、「到底
2018/11/01ターキッシュエアラインズオープン

トルコ→南ア→UAE 谷原秀人は欧州ポストシーズンに出陣

ならしたパッティングに悩まされている。「やっぱり、グリーンだと思う。キレイなグリーンでは入るけど、重くて、遅いようなグリーンはまったく入らない。“免疫”がない。読みにくい。慣れなんだろうなあ…。他の選手を
2018/11/05ターキッシュエアラインズオープン

ホストプロの谷原秀人は最終日伸ばせず 次週は南アフリカへ

ポストシーズンの初戦(全3戦)を35位タイで終えた。31位タイから出た最終ラウンドは2バーディ、2ボギーの「71」にとどまり通算6アンダーのまま。パッティングに課題を残して次戦、南アフリカでの
2018/09/09女子プロレスキュー!

ロングパットは転がりが命 金澤志奈

「ロングパット」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーEさんの悩み】 「ロングパットの距離感が合わず、1ラウンドで必ず2~3回は3パットをしてしまいます。ロングパットをしっかり寄せ...
2018/11/09伊藤園レディス

ショット前に素振り 青木瀬令奈がルーティン変更

ホールの第1打や待ち時間を挟んだ後半最初の第1打は、体をほぐす意味でも素振りをすることはあるが、「それ以外はプロの試合では一回もないと思う」と第2打以降も行わない。パッティングでは小さく数回パターを
2018/11/03ターキッシュエアラインズオープン

グリーンメモは封印 谷原秀人はパット復調で17位浮上

秀人は51位タイから7バーディ、ノーボギーの「64」をたたき出し、通算6アンダーの17位タイに浮上した。不振だったパッティングのライン読みに“荒療治”を施して復調。単独首位のジャスティン・ローズ
2018/09/16女子プロレスキュー!

ショートパットに強くなる3つのドリル 金澤志奈

「ショートパット」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーBさんの悩み】 「ショートパットではいつもカップに嫌われて外してしまいます。ストロークを安定させるための練習法を教えてくださ...
2018/09/26GDOEYE

松山英樹と5年目のスタッツを読む

(感覚との)ギャップがある」と驚く様子も、悩む時期の長さを表しているかもしれない。 ■パッティング部門は過去最高 シーズンを長い目で見た場合の成績は、ショット、チップ、パットといった各部門の平均スタッツ
2018/10/23WGC HSBCチャンピオンズ

稲森佑貴はWGC初出場 「飛ばないなり」の戦い方

ところとメリハリがある。グリーンも形状が入り組んでいて、あまり適当に狙うとパッティングに苦しむ。ラフもいやらしい」と難度の高さを実感しているところ。 ただ、そうであれば、持ち味を活かす以外の手段もない
2018/11/02TOTOジャパンクラシック

畑岡奈紗が1打差2位発進 首位にユ・ソヨン

「日本女子オープン」を制したユ・ソヨン(韓国)が7バーディ、ノーボギーの「65」でプレーし、7アンダーで単独首位発進を決めた。 直近2試合ではパッティングが悪かったというユ。だが、今大会の開幕前にスタンス
2018/08/30サイエンスフィット レッスン

ショートアイアンがまったく飛ばない理由【後編】

「ドライバーはフェード系で安定していますが、ショートアイアンとパッティングに悩んでいます。ショートアイアンは特に9番以下が飛ばず、右に抜けてしまうミスもあります。パッティングは、振り幅に対する転がりが