ニュース

米国男子AT&Tナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 AT&Tナショナル
期間:07/05〜07/08 場所:コングレッショナルCC(メリーランド州)

タイガー「ホストと親は楽、パッティングは…」

長女サム・アレクシスの誕生と初の大会ホストと目まぐるしいスケジュールの中「AT&Tナショナル」を迎えたタイガー・ウッズ。大会初日、タイガーを悩ませたのは大会を主催する重責ではなかった。パッティングだ。

全米オープン閉幕の次の日にサム・アレクシスが生まれた。それ以後、「ほとんどパッティングを練習する時間はなかった」タイガーは、全米の硬く、速いグリーンの感覚で今大会に挑んでしまった。

<< 下に続く >>

結果は初日だけで34パット。スコアも「73」と大会ホストとして予選通過が危うくなってきた。「たぶん今までで最も悪いパッティングのラウンドだ」と振り返る。ラウンド後のインタビューで「パターを変えた?」と聞かれ、「いや、変えてはいないけど、もうこいつ(パター)はぶっ壊してやろうかと思ってるよ(笑)」と相当フラストレーションが溜まっている。

「ミスしたパットは全てショートした。全くスピードが合わなかった。最後の方はピンの上にアイアンショットをつければ楽になるかと思ったけど、それでもダメだった。今日は苦戦の連続だった」とタイガー。

初日のスタート前まで、「ホスト」タイガーは引っ張りダコだった。試合以外での出演やファンとの交流など大会を盛り上げることに注力していた。その甲斐あってか、初日は18,000人の大ギャラリーがタイガーの応援に駆けつけた。

大会を主催する目的の一つに子供たちの教育施設「タイガー・ウッズ・ラーニング・センター」をワシントンDC近辺に設立したいというタイガーの思いがある。大会期間中に募ったチャリティなどは施設設立のための資金に充てる予定で、「そっちは結構な成果が出ると思う」とタイガーは言う。

問題はグリーン上でのパッティングだけだ。ホストとして、予選落ちは避けたいところだ…。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 AT&Tナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!