2019/07/12ニッポンハムレディス

イ・ボミは3打差4位で決勝へ「イライラする気持ちがない」

。 「スタートからバーディがとれて、パッティングがいい感じだった。ショットの感じもきょうはよかった。難しいと思うホールでしっかりといいショットが打てた」。フェアウェイキープ率79%、パーオン率は78%を記録
2019/07/12すぐ試したくなる

【第8回】朝の練習グリーンでスコアを縮める方法

パッティングに自信をつけるどころか、外れることを何度も経験してしまうため、スタート前の練習法としては逆効果になることもあるのです。今回の動画では、スタート前の効率的なパッティング練習法をレクチャーします。 朝の練習グリーンでスコアを縮める方法
2019/07/11ジョンディアクラシック

シーズン終了まで4週間 小平智は「先週より良くなっている」

が優勝スコアとなるコースを、小平は「パッティングがカギ」という。「先週と違って、少しグリーンが重かった。そこを練習して、合わせるようにしていきたい」とバーディ合戦に向けて意気込んだ。 1Wはまだ数本
2019/07/083Mオープン

「うまくまとめられた」 松山英樹は3戦ぶりトップ10

、13番も4mのチャンスを生かせず、終盤は「なぜか分からないけど、ショートしがちだった」とカップに届かないパットが続いた。 パッティングに課題は残ったが、「うまくまとめられたのはすごく大きい」と結果を
2019/07/073Mオープン

「90%くらい戻ってきた」小平智は復調に手応え

感覚に90%くらい戻ってきた。アプローチ、パターが良ければスコアになるっていう、いつもの自分のゴルフになってきた」 序盤はパッティングに苦戦したが、前傾が深くなっていることに気づいて後半は復調した。難度
2019/06/23KPMG女子PGA選手権

チャンス作れず…畑岡奈紗はアイアンの距離感に苦しむ

)で残り210ydを2オンし、この日初めてのバーディを奪った。14番で再び1つ落としたが、続く15番(パー5)でバウンスバックした。17番(パー3)では「いいイメージで打てて、パッティングも真ん中から
2019/06/22ニチレイレディス

「79」→「63」16打縮めた田中瑞希“驚き”の大会記録

も同じ距離を沈めて2つ目のバーディ。前週まで4試合連続予選落ちの要因だったパッティングは、「これが決まってやっぱりきょうは良いと思えた。ここから流れも良くなり出した」と自信に変わった。 パットが楽に
2019/06/21ニチレイレディス

20歳高橋彩華「手が動かない」苦悩の2年

地元の母に泣きながら電話したこともある。 悩んでいたパッティングに光明を見いだしたのは、5月2戦目の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」だった。パット前のルーティンを変えた。ボール
2019/06/20KPMG女子PGA選手権

上り調子でメジャーへ 横峯さくらの「伝えにくい」注意点

」と語った。 グリーンについては「ホールによって大きかったり、タイトだったり。硬さはそこまで気にならないかな」とし、「グリーンよりは距離の長さだとか、最終的にはパッティングになってくるとは思うけど
2019/06/19トヨタジュニアワールドカップ

ゴルフ人口は2000人 初出場のウガンダ「電動カートに驚いた」

は南アフリカに次ぐ2位に入り、初めての本戦出場を果たした。 大会初日は20オーバーの最下位と出遅れた。キャプテンのオスカー・セマウェレさんは「グリーンがすごく速い」とパッティングに苦しんだことを挙げた
2019/06/16宮里藍サントリーレディス

「誰か写真ください」 鈴木愛が憧れの宮里藍さん冠大会でV

、17番(パー5)では3.5mを沈めてともにバーディを奪った。「今週はパッティングがよかった。こんなにいいときはなかなかないぐらい。最後の9ホールは、この緊張感の中でもいいパットが多かった」と振り返っ