ニュース

米国女子ミケロブウルトラオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ミケロブウルトラオープン
期間:05/08〜05/11 キングスミルリゾート&スパ(バージニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

やはりパッティングが課題です!

2008/05/10 10:45


「ミケロブウルトラオープン」に出場している宮里藍。初日は2バーディ、2ボギーのイーブンパーとまずまずのラウンドだったが、周囲がスコアを伸ばしているため順位は74位タイ。2日目に少しでもスコアを伸ばして予選通過を狙いたかった。

2日目のスタートは午前7時15分のトップスタート。宮里がスタートしようとした頃、上空には雷雲も接近し、雨も次第に強さを増した。そのスタートホールとなる1番で、ティショットはフェアウェイをキープし、2オンにも成功。しかし12メートルのバーディパットで1.5メートル残すと、このパーパットも外しボギーとしてしまった。

その後、バーディチャンスが何度もあったが、パッティングが決まらずパーが続く。そして8番では左、9番では右にティショットを曲げ、深いラフのためグリーン方向は狙えず2打目はともにフェアウェイに出すだけ。連続ボギーを叩き、さらにスコアを落とした。

そして後半の11番はティショットをフェアウェイ左サイドのバンカーに入れると、打ちにくいライからの2打目は、2つ縦に並んだ1つ先のバンカーに再びつかまってしまう。何とか1パットでしのぎボギーに抑えたが、この日は1つもバーディを奪えずホールアウトすることになった。

初日にはフェアウェイキープ率を課題においていた宮里。2日目のラウンド後には「チャンスもあったけど、やはりパッティングの問題ですね」と一言。昨年は上位に進出した大会だけに、なんとか予選は通過したかった。次週も試合に出場し、自分のリズムを掴んで上位進出を狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミケロブウルトラオープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。