2013/12/08ヨーロピアンツアー公式

クールなドナルドソンが首位を堅持

「33」で回ると、後半でも2つスコアを伸ばし「67」でホールアウトした。 この2人の後方には通算11アンダーとしたトンチャイジェイディ、セルヒオ・ガルシア、ヘンリック・ステンソンの3人がつけている
2014/06/30BMWインターナショナル・オープン

F.サノッティがH.ステンソンらをプレーオフで下しツアー初優勝

)の2選手。通算18アンダー5位はトンチャイジェイディ(タイ)、サイモン・ダイソン(イングランド)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)。 通算17アンダー8位には、現在賞金ランキング(レース・トゥ
2014/07/06アルストム・オープン・ド・フランス

K.スタドラーが首位堅守 T.ジェイデーィが2位浮上

1つ落としたが、通算9アンダーで単独首位をキープ。2位に4打差のリードを持って最終日を迎えることになった。 通算5アンダー2位にはビクトル・リウ(フランス)とトンチャイ・ジェイディー(タイ)の2選手
2013/09/08アジアンツアー公式

トンチャイ、逆転へのシナリオを書き上げる

クランス・モンタナ、スイス 9月7日 タイのトンチャイジェイディが、オメガ・ヨーロピアン・マスターズの土曜日、第3ラウンドを1アンダーの70で回り、最終日での逆転準備を整えた。 比類無い3度の
2014/01/19アブダビHSBCゴルフ選手権

ミケルソンが「63」で2位に急浮上! マキロイ4位でV争い

圏から逃さなかった。 前日にリーと並び首位タイに立ったラファ・カブレラベロー(スペイン)はスコアを1つ落として通算8アンダーの6位タイに後退。マイケル・ホーイ(北アイルランド)、トンチャイジェイディ(タイ)らと並んでいる。
2013/12/16

松山英樹、2年ぶりのマスターズ出場が決定

孔明が67位、片山晋呉が77位。石川遼は83位に終わり、来年1月からの米ツアーでのプレーで、6年連続のマスターズ出場を狙う。 外国勢では昨年末の時点で809位だった米ツアーの新人ジョーダン・スピースが22位でフィニッシュ。タイのトンチャイジェイディも46位でオーガスタ行きを決めた。
2013/11/14ヨーロピアンツアー公式

レース・トゥ・ドバイ ? 勝利の条件は?

? ゴンサロ・フェルナンデスカスタノ:優勝が必須 ? トンチャイジェイディ:優勝が必須 ? リチャード・スターン:優勝が必須 ? ビクター・デュビュッソン:優勝が必須 <当該者がDPワールド
2014/04/29ヨーロピアンツアー公式

「ザ・選手権」へ向け戦いの舞台が整ったシンガポール

過去の優勝者には、済州島のピンクスGCでトロフィーを掲げた2010年「全米オープン」覇者のグレーム・マクドウェル、トンチャイジェイディ、そしてマーカス・フレイザーらがいる。また、ウィスバーガー
2013/10/28ヨーロピアンツアー公式

フェルナンデスカスタノが上海で栄冠に輝く

とし、レークマラーレンの地で7度目のヨーロピアンツアータイトルを獲得した。 1打差の2位には、「セベトロフィ」のチームメイトであるイタリアのフランチェスコ・モリナリ、そしてタイのトンチャイジェイディ
2013/12/19ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜は4組とも同国ペア/初日組み合わせが決定

権を得たヤンは、先手を選択。トンチャイジェイディとキラデク・アフィバーンラトを第1組に指名すると、それを受けてオラサバルが対戦ペアを決定する。2組目以降は先手と後手を逆にしながら、4組目までのペア
2013/12/08ネッドバンクゴルフチャレンジ

ドナルドソンが3打差をキープし最終日へ

)、トンチャイジェイディ(タイ)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)という3人の実力者が続いており、逃げるドナルドソンにとっても油断はできない。 現在のレース・トゥ・ドバイで首位を走る地元・南アフリカのチャール・シュワルツェルは通算7アンダーの10位タイから上位進出を目指す。
2013/12/22ザ・ロイヤルトロフィ

石川も藤田も敗れ…アジア選抜まさかの大逆転負け

がチームを牽引。トップを任せられたキラデク・アフィバーンラトが3&2の完勝でポール・ローリー(スコットランド)を退けると、第2組目のトンチャイジェイディもスティーブン・ギャラハー(スコットランド)を
2013/08/27ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップ選出レースの幕開け

大会だけを見ても魅力的だ。優勝賞金180万ポンドを総勢29カ国の選手たちが争う国際的な大会である。 今週出場する選手たちは皆、昨年72ホール目でゴンザロ・フェルナンデスカスタノに1打差をつけて勝利したタイのトンチャイジェイディの王冠を狙っている。
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼&藤田寛之組も勝利!アジア選抜が2ptsリード

マッチプレー4試合を行い、アジア選抜が3勝1敗として2ポイントのリード(3-1)を奪った。 同国ペア4組で初日に臨んだアジア選抜は、第1試合でタイのトンチャイジェイディとキラデク・アフィバーンラト組が2
2014/04/24CIMB ニアガ インドネシアマスターズ

N.ファンとA.カンが首位!日本勢は出遅れ

位タイ。トンチャイジェイディ、タワン・ウィラチャンといったタイの代表選手たちが並んだ。また、メジャーチャンピオンのウーストハイゼンは、4バーディ、4ボギーのイーブンパーで45位タイで初日を終えた
2013/12/21ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜が2ptsリードで最終日へ 日本ペアは敗北

対戦カードとなった1組目は、ともにタイ出身のトンチャイジェイディとキラデク・アフィバーンラトが、ステファン・ギャラハーとポール・ローリーのスコットランドペアを2&1で破り、連日の勝ち点1をゲット
2013/10/26ヨーロピアンツアー公式

“華麗なるガスリー”がリードを広げる

に、あれは最高でしたね」 「アイルランドオープン」王者のポール・ケーシー、タイのトンチャイジェイディ、そしてサイモン・ダイソンはいずれも「70」でホールアウトし、6人が並ぶ2位タイにつけた。スペイン
2014/04/22CIMB ニアガ インドネシアマスターズ

欧州強豪も参戦!インドネシアに日本からも7選手が出場

トンチャイジェイディ、キラデク・アフィバーンラト、プラヤド・マークセンらタイ出身の選手に加え、日本からは谷昭範、太田直己、中西直人、市原弘大、永野竜太郎、宇佐美祐樹、中川元成の7選手がエントリー済みだ。