2018/09/15YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

タワン・ウィラチャンが国内シニア初優勝

歳のタワンウィラチャン(タイ)が「64」でプレー。通算15アンダーで逃げ切り、国内シニアツアー参戦1年目で初優勝を飾った。 アジアンツアーでは最多となる18勝をマーク。2012年は3勝を挙げて05年
2019/11/20ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

41万円差で逆転賞金王のウィラチャン お気に入りは成田と水戸

◇国内シニア◇ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント 最終日(20日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇6970yd(パー72) 52歳のタワンウィラチャンが逆転で初のシニア
2019/11/14エリートグリップ シニアオープンゴルフ

ウィラチャンの逆転賞金王確定なるか 鈴木亨が連覇を狙う

から出て5位に終わった伊澤利光にとってはリベンジの舞台。10月「福岡シニアオープン」に続く、シニア2勝目を狙う。 賞金タイトルの可能性はランキング1位のプラヤド・マークセンと同2位のタワンウィラチャン
2019/11/20ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

ソク・ジョンユルが最終戦優勝 ウィラチャンが賞金王に

タワンウィラチャンは「67」をマークして通算5アンダーの5位タイで終え、プラヤド・マークセン(ともにタイ)を抜いて初の賞金王に輝いた。マークセンの連続賞金王は3年で途絶え、高橋勝成が達成した4年
2019/11/08富士フイルム シニア チャンピオンシップ

ウィラチャンが首位浮上 深堀圭一郎は6位に後退

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 2日目(8日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇7070yd(パー72) 首位と1打差の2位から出たタワンウィラチャン(タイ)が、8バーディ、ボギーなしの「64
2019/11/16エリートグリップ シニアオープンゴルフ

溝口英二が今季2勝目 賞金王争いは最終戦で決着へ

倉本昌弘、グレゴリー・マイヤー(米国)ら5人が並んだ。 前年覇者の鈴木亨は通算1オーバー22位で終えた。 賞金ランキング2位のタワンウィラチャン(タイ)は通算3オーバー28位。今大会で単独10位以内に
2019/09/26YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

谷口徹、マークセン不在 倉本昌弘は今季2勝目なるか

国内シニア第12戦が27日(金)、28日(土)の2日間の日程で開催される。昨年大会最終日はタワンウィラチャン(タイ)が「64」でプレー。通算15アンダーでツアー初優勝を飾った。 前週の「日本シニア
2019/09/21日本シニアオープンゴルフ選手権競技

谷口徹が単独首位で最終日へ「簡単にはいかない」

ナインで3ボギー。「72」とスコアを伸ばせず通算8アンダーのまま、2位のタワンウィラチャン(タイ)との差はひとつ縮まって2ストロークとなった。 「“F”(フィニッシュ)が付くまで、ゴルフは分からん
2018/04/10金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント

国内シニアツアーが沖縄で開幕 倉本昌弘、T.ウィラチャンら出場

続いた米山剛、室田淳、キム・ジョンドク(韓国)、清水洋一らツアーの主役たちが出場する。 日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘、海外シニアメジャー覇者の井戸木鴻樹らもエントリー。また、今年3月の最終予選会をトップ通過したアジアンツアー18勝のタワンウィラチャン(タイ)が出場する。
2018/08/30コマツオープン

51歳ウィラチャンが12バーディ「61」で首位

◇国内シニア◇コマツオープン2018 初日(30日)◇小松CC(石川)◇6917yd(パー72) 雷雲接近により一時中断された競技は、全組がホールアウトした。51歳のタワンウィラチャン(タイ)が
2018/09/14YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

ウィラチャン「65」で単独首位 マークセンら2位

◇国内シニア◇YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン 初日(14日)◇福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部(福岡)◇6585yd(パー72) タイのタワン
2019/11/18ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

シニア賞金王争いが決着! コリン・モンゴメリーが出場

、出場60人が賞金総額2000万円、優勝賞金360万円を争う。 賞金タイトル争いは1位のプラヤド・マークセンと2位のタワンウィラチャン(ともにタイ)の2人に絞られ、その差はわずか約35万円
2019/12/18タイマスターズ

今季アジアンツアー最終戦に片岡大育と大槻智春が出場

ランキング2位のスコット・ヘンド(オーストラリア)のほか、欧州ツアー3勝のニコラス・コルサーツ(ベルギー)、前週は日本開催の「日立3ツアーズ選手権」に出場したプラヤド・マークセン、タワンウィラチャン(ともにタイ)らが出場する。
2019/12/14日立3ツアーズ選手権

3ツアー対抗戦で石川遼、渋野日向子らが激突

。 前年6年ぶりに優勝したPGAチームは前年MVPのプラヤド・マークセン(タイ)、賞金王のタワンウィラチャン(タイ)のほか、JGTOチームとして4度出場経験があり、今年からシニア入りした谷口徹が推薦枠で出場する。
2019/11/19ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

首位にソク・ジュンヨル 深堀圭一郎は8位発進

、深堀圭一郎、米山剛ら6人が並んだ。 賞金ランキング2位のタワンウィラチャン(タイ)、招待選手のコリン・モンゴメリー(スコットランド)はイーブンパーの28位。賞金ランク1位で今週不在のプラヤド
2019/11/25日立3ツアーズ選手権

3ツアー対抗戦 渋野日向子が初出場

(初)、小祝さくら(2)、上田桃子(5) ■国内シニアツアー プラヤド・マークセン(4)、タワンウィラチャン(初)、倉本昌弘(4)/(以下会長推薦)秋葉真一(3)、谷口徹(初)、グレゴリー・マイヤー
2019/11/15エリートグリップ シニアオープンゴルフ

水巻善典ら3人が首位発進 ウィラチャン24位

和宏と並んで3アンダー首位発進を決めた。 2アンダー4位に日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘、グレゴリー・マイヤーら4人が並んだ。 今大会で単独10位以内に入れば、逆転で初の賞金王が確定する賞金ランキング2位のタワンウィラチャン(タイ)は前年覇者の鈴木亨らと並んで1オーバー24位で初日を終えた。