ニュース

欧州男子マヨルカクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2日目も途中サスペンデッドに!首位はR.J.ダークセンと、J.F.ラクイーン!

スペインのプーラGCで開催されている、欧州男子ツアー第45戦「マヨルカクラシック」の2日目。ロバート・ジャン・ダークセン(オランダ)と、ジャン・フランソワ・ラクイーンが首位に並んでいるが、前日の進行の遅れの影響を受けて、この日も途中サスペンデッドとなっている。

第1ラウンド終了時点で4アンダー、2位タイにつけたダークセンとラクイーンは、2日目も着実にスコアを伸ばし、「65」でラウンド。通算9アンダーとして、2位以下に3打差の暫定首位タイに並んでいる。

暫定3位タイに並んでいるのは、ピーター・ローリー(アイルランド)と、M.V-ハスラップ(デンマーク)。ハスラップは、インの前半、連続ボギーを叩いた直後に3連続バーディを奪って盛り返し、この日4アンダー。首位から3打差の通算6アンダーで、後半戦の戦いを迎える。

第1ラウンド終了時点で単独首位に立った、前回覇者のニクラス・ファス(スウェーデン)は、前半叩いたダブルボギーが響いて、スコアを伸ばすことができないままホールアウト。通算5アンダー。トンチャイ・ジェイディ(タイ)とともに暫定5位に並んでいる。

最終的にこの日は、地元のセルヒオ・ガルシアらを含む、半数以上の54名のプレーヤーが、ホールアウトできないままサスペンデッド。3日目の第3ラウンドは、残りの第2ラウンド終了を待って、正午から実施される予定。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 マヨルカクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。