ニュース

国内シニアYUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ウィラチャン「65」で単独首位 マークセンら2位

◇国内シニア◇YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン 初日(14日)◇福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部(福岡)◇6585yd(パー72)

タイのタワン・ウィラチャンが、8バーディ1ボギーの「65」でプレー。7アンダーとし、単独首位に立った。

首位と1打差の2位に国内シニア賞金ランクトップのプラヤド・マークセン(タイ)、高見和宏、村上颯汰、羽川豊の4人。2打差の3位には、真板潔田村尚之ほか3人が並んだ。

ディフェンディングチャンピオンの加瀬秀樹は、4バーディ1ボギーの「69」でプレーし、15位で初日を終えた。賞金総額は2800万円、大会は2日間36ホールで争われる。

<上位成績>
1/-7/タワン・ウィラチャン
2T/-6/高見和宏、村上颯汰、羽川豊プラヤド・マークセン
6T/-5/真板潔田村尚之清水洋一朴富遠杉原敏一

関連リンク

2018年 YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~