ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 トーレパインズGC(カリフォルニア州)

タイガー急浮上!首位は3アンダーのS.アップルビー

カリフォルニア州のトーレパインズGCで開催されている、海外メジャーの第2戦「全米オープン」の2日目。朝のうちは日差しも出たが昼前から最終組がホールアウトするまで曇り空が続いた。風も初日より少し強かったが、スコアを伸ばす選手も現れ、アンダーパーは依然8人も存在する。

混戦を頭一つ抜け出したのは、オーストラリアのスチュアート・アップルビー。2アンダー3位タイからスタートしたアップルビーは、1番でのボギーが先行。しかし、4つのバーディを奪うなど1ストローク伸ばし通算3アンダーでホールアウト。アップルビーが3アンダーまで伸ばしたため、日本の谷口徹は予選落ちが確定した。

そして、首位と1打差の2アンダー2位に大本命のタイガー・ウッズが浮上してきた。タイガーはスタートの10番で3パットのボギーを叩くなど勢いに乗れなかった。ところが後半に入ると、1番、2番、そして4番、5番で2度の連続バーディを奪うと、最終9番もバーディを奪い後半だけで5ストローク伸ばした。大会3勝目、そしてトリプルグランドスラム(メジャーそれぞれを3回ずつ優勝)の可能性が高くなってきた。

タイガーと同じ2位タイは、ロバート・カールソン(スウェーデン)、ロコ・メディアイトが並んでいる。タイガーと同じ組でラウンドしたフィル・ミケルソンは、序盤から長いパーパットを沈めていたが、結局4ストローク落とし35位タイに後退。アダム・スコット(オーストラリア)も同じく35位タイで決勝ラウンドへ。

日本勢は今田竜二がスコアを4つ落としたが、通算7オーバーの65位タイで辛うじて予選通過を果たした。日本からスポット参戦している片山晋呉谷口徹は我慢比べ勝負に勝てず予選落ちとなってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。