ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ザ・プレジデンツカップ
期間:10/08〜10/11 場所:ジャック・ニクラスGC(韓国)

松山&スコット組は敗れる 初日は米国選抜の4勝1敗

◇米国男子◇プレジデンツカップ 初日◇ジャック・ニクラスGC(韓国・仁川)◇7412yd(パー72)

世界選抜(欧州を除く)と米国選抜の2年に1度の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」が8日に開幕。初日はフォアサム(同じチームの2人が1つのボールを交互に打つ形式)のマッチプレー5試合が行われ、米国選抜が4勝1敗とし、4-1と3ポイントをリードした。

松山英樹アダム・スコット(オーストラリア)のペアは、世界選抜のトップバッターとして出場し、J.B.ホームズバッバ・ワトソンと対戦した。序盤は米国選抜のホームズのパットが冴えわたり、2番、4番、5番(パー3)と立て続けのバーディでホールを奪われ早々に3ダウンを背負う苦しい展開に。松山&スコット組は7番と10番で取り返したが、15番の米国選抜のバーディで再び突き放され、続く16番でもホームズに7mを超えるバーディパットを沈められ、結局2ホールを残して3&2で敗れた。

第2マッチは、ルイ・ウーストハイゼンブランデン・グレースマット・クーチャーパトリック・リードが対戦し、後半10番から3連続でホールを奪った南アフリカ出身コンビが世界選抜の意地を見せて3&2で勝利。

一方、第3マッチのトンチャイ・ジェイディー(タイ)&アニルバン・ラヒリ(インド)とリッキー・ファウラージミー・ウォーカーは5&4、第5マッチのダニー・リー(ニュージーランド)&マーク・レイシュマン(オーストラリア)とジョーダン・スピースダスティン・ジョンソンは4&3で、どちらも米国選抜ペアが常にリードする展開での完勝だった。

第4マッチのジェイソン・デイスティーブン・ボーディッチ(ともにオーストラリア)とフィル・ミケルソンザック・ジョンソンは、世界選抜の踏ん張りでこの日唯一最終18番(パー5)までもつれる接戦となったが、ドローをかけたデイのイーグルトライが外れたところで世界選抜が米国選抜のイーグルパットをコンシードし、米国選抜の2アップ勝利となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。