2015/01/15佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑141>スティーブン・ボーディッチ

■壮絶な経験からの復活と、50周年の記念大会 ボーディッチが自身の変化に気づいたのは、2005年2月、母国豪州で開催されたウェブドットコムツアーの「ジェイコブズクリーク・オープン」で同ツアー初優勝を
2014/04/01GDOEYE

ボーディッチ“淡泊な歓喜”の陰にあった壮絶な戦い

テキサス州サンアントニオで開催された米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」でツアー初優勝を飾ったスティーブンボーディッチ(オーストラリア)。優勝会見中、記者からの質問を受けると必ず「あーー」と
2014/04/10PGAコラム

マスターズで勝利する為の様々なファクターとは・・・

に畏怖の念も増す。過去35年間、マスターズ連覇がなされていない理由はそこだ。 もし、米PGAツアー前半を見てきたとしても予測はできない。スティーブンボーディッチがバレロテキサスオープンで優勝した時
2014/03/31PGAコラム

最後まで最善を尽くしたボーディッチがツアー初勝利

ボーディッチにマスターズの切符 TPCサンアントニオでの「バレロテキサスオープン」最終日、スティーブンボーディッチが通算8アンダーの「280」でフィニッシュし、ウィル・マッケンジーとダニエル
2014/07/28PGAコラム

WGCブリヂストンインビテーショナル 事前情報

・ハーマン、ブレンドン・トッド、マット・ジョーンズ、スティーブンボーディッチ、マット・エブリーら10選手にとっては初のWGC出場となる。今大会に出場する選手の中では最多のWGC通算48大会目の出場と
2014/10/21ヨーロピアンツアー公式

メジャー王者の3人がパースに集結

他には、今年の米PGAツアーで優勝しているオーストラリアのスティーブンボーディッチ、そして先週の「ボルボ世界マッチプレー選手権」では準々決勝で敗退したフランスの「ライダーカップ」スター選手である
2014/10/13フライズドットコムオープン

ひやひやさせた最終日 ベ・サンムンが今季初戦で優勝

。 ナパバレーの乾いた暑い最終日に「67」を記録したスティーブンボーディッチに、2打差をつけて勝利した。 この日、韓国出身の28歳が唯一見せた危うい場面は、パーとした10番以降の4ホール。ベは11番から
2014/04/01

松山英樹は25位、石川遼は77位/男子世界ランキング

状を獲得したのはスティーブンボーディッチ(オーストラリア)だった。前週まで339位と低迷していたボーディッチは世界ランキングポイント40点と優勝賞金111万6000ドル(約1億1550万円)をゲット
2014/04/02ツアーギアトレンド

「バレロテキサスオープン」優勝 S.ボーディッチの使用ギア

米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」は、強風が吹いた最終日の我慢比べを3日目首位のスティーブンボーディッチ(オーストラリア)が耐え抜き、ツアー初優勝を果たした。 今季13試合に出場している
2014/07/11PGAコラム

「ジョンディアクラシック」で復活を遂げるZ.ジョンソン

。ウェブドットコムツアーの9試合中7試合で予選落ちを喫したあと、今季初のPGA参戦となった今大会では、7アンダーの「64」をマーク。彼は初日を終え、スティーブンボーディッチと4位タイにつけている(初日終了時点で
2015/10/16フライズドットコムオープン

時差ボケも松山英樹は2アンダー 同伴競技者が遅刻で2罰打

て迎えたオープニングゲーム。前週は世界選抜のチームメイトだったシャール・シュワルツェル(南アフリカ)、スティーブンボーディッチ(南アフリカ)と同組でティオフした松山は、いきなり1番でティショットを左
2014/04/04PGAコラム

M.クーチャー、K.ブラッドリーらがトップ集団の好発進!

。最終日の9ホールを終えた時点では、スティーブンボーディッチと並び首位に立ったが、バックナインで「39」とし失速。ボーディッチがPGAツアー初勝利を飾った。 クーチャーは、「ツアーの良いところは、先週
2013/07/31PGAコラム

パワーランキング: リノタホオープン

ホール連続3パットなしは目下首位。 7.スティーブンボーディッチ パットの名手であり目下絶好調の彼は、この大会方式に強い側面を持っている。グリーンブライアーでは2位タイ、ジョンディアでは12位タイ
2015/10/15フライズドットコムオープン

松山英樹は本格参戦3年目のシーズンイン「状態は上向き」

プレーしたのはスティーブンボーディッチ(オーストラリア)と松山だけ。タフなスケジュールの中でも「元気ですよ。体調はいいですね。時差ボケはありますけど」と表情は明るい。プレジデンツカップの最終日に痛めた
2014/03/29バレロテキサスオープン

首位にS.ボーディッチ 石川遼は後半崩れ予選落ち

勝利のスティーブンボーディッチ(オーストラリア)。前半12番パー4では、残り83ヤードの2打目を直接カップに沈めるイーグル。最終9番をダブルボギーとしたが「67」と5つ伸ばし、通算8アンダー単独首位に
2016/07/03WGCブリヂストン招待

低調続く…松村52位 塚田57位「英樹になりきれなかった」

スティーブンボーディッチ(オーストラリア)を最下位に追いやったが「きょうよりいいスコアで回りたい。日に日に良くなっている」と、初の米ツアー出場大会でひとつでも上を目指す。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)
2017/05/22GDOEYE

ルービックキューブとPGAツアーの“家族愛”

センデンの復帰の見通しは立っていない。 病魔と闘う少年を勇気づけようと、立ち上がったのは同郷オーストラリアのスティーブンボーディッチ。ジェイコブくんが好きなおもちゃであるルービックキューブをモチーフ