ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

G.オギルビーが逆転優勝でメジャー初制覇を飾る!今田竜二が12位タイと大健闘

ニューヨーク州にあるウィングドフットGC西コースで行なわれている、男子メジャー第2戦「全米オープン」の最終日。3位タイからスタートしたジェフ・オギルビー(オーストラリア)が通算5オーバーと踏ん張り、フィル・ミケルソンコリン・モンゴメリー(スコットランド)との熱戦を制し、逆転優勝。今季「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」に続く2勝目を飾った。

4番までパーを続けたオギルビーは、5番から連続バーディを奪取、一気に勢いに乗るかに見えた。しかし、8番から連続ボギーを叩いて前半はイーブンパーで折り返す。後半に入っても11、14番でボギーとするも、難コースで各選手苦しむ中、上がり3ホールはしっかりとパーでまとめ、通算5オーバーで最終組のミケルソンを待った。

そのミケルソンは、4番でバーディを奪い3連覇に向けまずまずの滑り出し。しかしその後3つのボギーを叩き、2つ落として前半を折り返した。後半に入って11番でバーディを奪取したミケルソンは、その後も出入りの激しい展開で、17番を終えた時点で通算4オーバー。18番をパーで優勝、ボギーでプレーオフという状況で迎えた。そしてその18番、ティショットを左に曲げたミケルソンは、2打目も木に当てるトラブル。3打目もグリーン手前のバンカーにつかまるなど結局最悪のダブルボギー。この時点で、オギルビーのメジャー初制覇が決まった。

通算6オーバーの2位タイには、ミケルソンのほか、モンゴメリー、ジム・フューリックが入った。また、ビジェイ・シン(フィジー)が通算8オーバーで6位タイでフィニッシュしている。

日本人で唯一決勝ラウンドに駒を進めた今田竜二は、この日も1オーバーと大健闘。通算9オーバーに踏みとどまって、12位タイでフィニッシュ。昨年の15位タイを上回る好成績を収め、来年の出場権を獲得して今大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。