ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

羽川豊の全米オープン生レポート/P.ミケルソン、悪夢の18番!それはティグラウンドから始まった!

全米オープン最終日

終わりました。「全米オープン」らしい大会でしたし、終わり方でした。ニューヨークのギャラリーはフィル・ミケルソンの優勝を期待し、盛り上がっていましたが、そう簡単には優勝させないのが「全米オープン」です。

14番でミケルソンがバーディを奪ったときは、私もそうですが、周囲もミケルソンで決まりかな!?と思いました。ツキもありませんでしたね。16番のバンカーが目玉になったり、18番のセカンドも木に当たって真下に叩き落とされたり・・・。その18番を少し振り返ってみましょう。

<< 下に続く >>

4オーバーの単独首位で最終ホールのティグラウンドに立ったミケルソンは、キャディとスコアの確認をしていたのです。前の組でラウンドしているジェフ・オギルビーがパーで上がり、自分と1打差の5オーバーにいることを。

特別距離の長いホールではありませんが、グリーン周りが難しいので少しでも飛ばそうとしたのですが、ティショットは思いっきり左にいってしまいました。考えられないくらい曲がりましたよ。ホスピタリティテントの階段に当たって、右に跳ねて、人に当たって、そしてラフに落ちたんです。

ボールが少し埋まった状態で、高い球は打てる状況ではなかったのですが、ミケルソンらしい果敢な攻めが出ましたね。少しでも前に進むことを選択したのです。セカンドショットを打った瞬間、ミケルソンの顔と周囲のギャラリーの表情が一瞬にこわばったのです。あとは、全米オープンらしい結末が待っているだけでした。

練習ラウンドから思っていましたが、このコースを制するにはダブルボギーを叩いてはダメ。優勝したオギルビーはダブルボギーを叩いていませんが、ミケルソンは最後72ホール目にやってしまいました。まさに、その差が勝敗を分けた形になりましたね。

羽川豊(はがわ ゆたか)
セントラルスポーツ所属。栃木県出身。専修大学時代に朝日杯全日本学生選手権4連覇。ツアー通算5勝。1982年「マスターズ」15位タイなど。現在はゴルフトーナメン トの解説や自身のゴルフサロン「HAGAWA YUTAKA GOLF SALON」でレッスンを行っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!