ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

タイガーは世界1位をキープ!遼は2ランクダウン/男子ランキング

◎ワールドランキング(2010年度第35週)

来月欧米対抗ライダーカップに初出場するマット・クーチャーがFEDEXカップのプレーオフ初戦「バークレイズ」で優勝、世界ランクポイント70点を獲得した。クーチャーは前週23位から13ランクアップとなり自己ベストとなる10位まで浮上。今シーズンまだ優勝がないタイガー・ウッズはバークレイズで12位フィニッシュ。ウッズは世界ランクトップをこれで273週間連続でキープ、キャリア通算ナンバーワンは合計615週となっている。

<< 下に続く >>

日本男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」で優勝した谷原秀人は世界ランクポイント18点を加算して179位に復帰。同大会で6位だった石川遼は最新ランクで2つ順位が下がり56位。予選落ちを喫してしまった前年度優勝者の池田勇太もランクダウンで62位に降りている。

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
1位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/バークレイズ12位/変動なし
2位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/バークレイズ予選落ち/変動なし
3位/リー・ウエストウッド(イングランド)/出場せずオープンウィーク/変動なし
4位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/バークレイズ3位/変動なし
5位/マーティン・カイマー(ドイツ)/出場せずオープンウィーク/変動なし
6位/ジム・フューリック(アメリカ)/出場せずオープンウィーク/変動なし
7位/ローリー・マキロイ(北アイルランド)/出場せずオープンウィーク/変動なし
8位/ポール・ケーシー(イングランド)/バークレイズ12位/1ランクアップ
9位/アーニー・エルス(南アフリカ)/バークレイズ71位/1ランクダウン
10位/マット・クーチャー(アメリカ)/バークレイズ優勝/13ランクアップ

★主な日本人選手は以下の通り
選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
石川遼/VanaH杯KBCオーガスタ6位/56位(2ランクダウン)
池田勇太/VanaH杯KBCオーガスタ予選落ち/62位(4ランクダウン)
谷口徹/VanaH杯KBCオーガスタ61位/74位(2ランクダウン)
藤田寛之/VanaH杯KBCオーガスタ28位/76位(3ランクダウン)
平塚哲二/VanaH杯KBCオーガスタ予選落ち/78位(2ランクダウン)
小田孔明/VanaH杯KBCオーガスタ28位/105位(5ランクダウン)
片山晋呉/ワンアジアツアー・タイオープン11位/128位(3ランクダウン)
丸山茂樹/VanaH杯KBCオーガスタ17位/144位(2ランクダウン)
今野康晴/VanaH杯KBCオーガスタ13位/150位(2ランクアップ)
薗田峻輔/VanaH杯KBCオーガスタ17位/154位(1ランクアップ)
久保谷健一/VanaH杯KBCオーガスタ棄権/160位(7ランクダウン)
宮本勝昌/VanaH杯KBCオーガスタ28位/168位(4ランクダウン)
丸山大輔/VanaH杯KBCオーガスタ45位/175位(5ランクダウン)
谷原秀人/VanaH杯KBCオーガスタ優勝/179位(84ランクアップ)
今田竜二/バークレイズ27位/206位(15ランクアップ)

◎PGAツアーFEDEXカッププレーオフランキング(4試合中1試合終了)

FEDEXカップの初戦「バークレイズ」はこれまでのレギュラーシーズンと比べて5倍のポイントが用意されていた。優勝したマット・クーチャーは2500ポイントを加算して前週の9位から1位に上昇。前週FEDEXカップランクで112位と低迷していたタイガー・ウッズはバークレイズで12位フィニッシュ、最新ランクは65位まで上昇して今週の「ドイツ銀行チャンピオンシップ」の出場権を得ている。今田竜二も107位から73位まで順位を上げていてボストン開催のプレーオフ2戦目に出場となるが第3戦の「BMWチャンピオンシップ」に出場するにはランキングを70位以内まで上げる事が必要となる。


プレーオフ1戦目「バークレイズ」出場資格FEDEXポイント125位までの選手
プレーオフ2戦目「ドイツ銀行チャンピオンシップ」出場資格FEDEXポイント100位までの選手
プレーオフ3戦目「BMWチャンピオンシップ」出場資格FEDEXポイント70位までの選手
プレーオフ最終戦「ツアーチャンピオンシップ」出場資格FEDEXポイント30位までの選手


FEDEXカップボーナス賞金総額は3500万ドル(約30億円)。総合優勝者には1000万ドル
(8億5000万円)が用意されている。

ランク/選手名/試合数(優勝数)/獲得ポイント/前週比

1位マット・クーチャー(アメリカ)/22試合(1勝)/3937ポイント/8ランクアップ
2位スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/16試合(2勝)/2572ポイント/変動なし
3位マーティン・レアード(スコットランド)/22試合/1977ポイント/92ランクアップ
4位ジャスティン・ローズ(イングランド)/19試合(2勝)/1860ポイント/1ランクアップ
5位アーニー・エルス(南アフリカ)/17試合(2勝)/1851ポイント/4ランクダウン
6位ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/20試合/1737ポイント/5ランクアップ
7位ハンター・メイハン(アメリカ)/21試合(2勝)/1718ポイント/変動なし
8位ジム・フューリック(アメリカ)/18試合(2勝)/1691ポイント/5ランクダウン
9位バッバ・ワトソン(アメリカ)/19試合(1勝)/1688ポイント/1ランクダウン
10位フィル・ミケルソン(アメリカ)/17試合(1勝)/1629ポイント/6ランクダウン

以下主な選手のランク
65位タイガー・ウッズ/10試合/734ポイント/47ランクアップ
73位今田竜二/23試合/657ポイント/34ランクアップ

★プレーオフに参加できず
229位丸山茂樹/4試合/20ポイント/変動なし

◎USPGAツアー賞金ランキング(46試合中38試合終了)

FEDEXカップ、プレーオフ4戦中の初戦となる「バークレイズ」で逆転優勝を飾ったマット・クーチャーは優勝賞金135万ドル(1億1500万円)を獲得、賞金ランクでは前週の10位から一気にトップまで駆け上がっている。プロアマ戦で寝坊で欠場となりバークレイズ参戦の資格を失ってしまっジム・フューリックはランク3位から8位にランクダウン。タイガー・ウッズは83位から72位にアップ。前週まで5試合連続の予選落ちと苦しんでいた今田竜二は第2ラウンドで「65」で順位を上げて27位で競技を終了。今田の最新ランクは2つ順位が上がり109位となっている。

ランク/選手名/試合数(優勝数)/賞金額/前週比
1位マット・クーチャー(アメリカ)/22試合(1勝)/4,244,798ドル/9ランクアップ
2位アーニー・エルス(南アフリカ)/17試合(2勝)/4,112,611ドル/1ランクダウン
3位スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/16試合(2勝)/3,627,735ドル/4ランクアップ
4位フィル・ミケルソン(アメリカ)/17試合(1勝)/3,409,233ドル/2ランクダウン
5位ジャスティン・ローズ(イングランド)/19試合(2勝)/3,357,331ドル/1ランクアップ
6位ハンター・メイハン(アメリカ)/21試合(2勝)/3,327,954ドル/1ランクダウン
7位ジェフ・オーバートン(アメリカ)/23試合/3,318,056ドル/3ランクダウン
8位ジム・フューリック(アメリカ)/18試合(2勝)/3,308,872ドル/5ランクダウン
9位ティム・クラーク(南アフリカ)/20試合(1勝)/3,101,881ドル/1ランクダウン
10位バッバ・ワトソン(アメリカ)/19試合(1勝)/2,999,236ドル/1ランクダウン

以下主な選手のランク
72位タイガー・ウッズ/10試合/1,029,586ドル/11ランクアップ
109位今田竜二/23試合/741,372ドル/2ランクアップ
233位丸山茂樹/4試合/22,440ドル/1ランクダウン

非メンバー賞金リスト
石川遼/10試合/336,629ドル
池田勇太/11試合/263,713ドル

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!