ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ここが変だよPGA:賞金額は増えている、しかし人気は・・・

2004年シ-ズンもまもなく閉幕を迎えようとしているが、オフシーズンの動きで注目されるのがツアーの資金繰りだ。ツアーとテレビ局を巡っての契約交渉やスポンサーの確保などが行なわれるのもこのオフシーズン。1998年の米国男子ツアー賞金総額は9,600万ドル(約105億円)だったが、6年後にはその額が2億4000万ドル(約264億円)に増えている。巨額な費用がかかるため、スポンサーを降りる企業が増えているものも現実だ。

ジョン・クック
「今後は大会の収益金をもっとチャリティーに充てるべきだと思います。選手は現状に満足していますし、大幅な賞金増額は必要としていません。賞金さえ保たれれば十分なはずです」

スコット・マッキャロン
「5、6年前に比べ賞金はかなり増えましたね。このところ安定してきたと思いますが、選手もツアーもそれに不満はないと思います」

マッキャロンがルーキーだった1995年、最終賞金ランキングで125位以内に入るために必要だった額は15万ドル。今では60万ドルを超えている。ツアーデビューを果たしても豪華な暮らしができなかった昔に比べ、今ではツアーカードを獲得するだけでメーカーとの契約金は少なくとも25万ドルになると言われている。

チャールズ・ハウエルIII
「自分がいかに恵まれているかは理解しています。それが当然だなんて思っていません。コミッショナーであるPGAツアーのティム・フィンチェム氏をはじめとするスタッフが私達のために一生懸命努力をしてくれていることに感謝します。ツアーの歴史を思うと私達はラッキーの一言ですね」

2005年にはツアーとテレビ局との交渉が行なわれるが、スター選手をいかに多くの大会に出場させるかが課題となっている。今月初めフィンチェムがアーニー・エルスにもっとアメリカでプレーしてほしいと言って問題になったばかり。また、タイガーは毎年同じ大会ばかりに出場していると非難されたこともある。

マーク・カルカベッキア
「最近は以前よりもギャラリーの数が減ったように思います。入場券が高すぎるのかどうか分かりませんが、2000年にタイガーが次々に勝利を重ねたような盛りあがりは感じませんね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!