ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

幻のマスターズウィーク
ノーマン、スピース…「悲劇」のヒーロー列伝/幻のマスターズウィーク

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、男子メジャー「マスターズ」が11月への延期を決めました。本来なら世界中がゴルフの祭典に沸いていたはずの4月第2週。オーガスタの悲劇のヒーローたちにスポットを当てながら、7カ月後の大会に思いをはせます。

■あまりに残酷な誕生日

1968年、ゴルフ史に残る大事件が起きた。優勝争いのさなか、17番でバーディを奪ったロベルト・デ・ビゼンゾ(アルゼンチン)。マーカーのトミー・アーロンが「3」ではなく「4」と記入した間違いに気づかず、スコアカードにサインしてしまった。ボブ・ゴールビーと並んでプレーオフのはずが、1打及ばず2位。最終日の4月14日は、45歳の誕生日だった。

<< 下に続く >>

■気高きホワイト・シャーク

ジャック・ニクラスが大会最年長46歳で制した1986年、ラリー・マイズセベ・バレステロス(スペイン)とのプレーオフに敗れた翌87年とマスターズで惜敗を繰り返してきたグレッグ・ノーマン(オーストラリア)。96年は2位に6打差をつけて迎えた最終日に「78」と大崩れ。メディアから辛らつな質問を浴びせられても、堂々たる姿を貫いた。

■あの日逃したグリーンジャケット

2011年大会の最終日、まだ21歳だったロリー・マキロイ(北アイルランド)は2位に4打差をつけて初のメジャータイトルに挑戦した。しかし、10番でティショットを左の林に打ち込み、痛恨のトリプルボギー。「80」をたたき、15位に沈んだ。キャリアグランドスラムへの最後の関門がマスターズとなっているのも、何かの因縁だろうか。

■打てども打てども入らない

“ガラスのグリーン”と評されるオーガスタでは、微妙な傾斜が選手を惑わせる。2016年、マスターズで2度の2位に入っているメジャー通算4勝のアーニー・エルス(南アフリカ)が、まさかの事態に見舞われた。初日1番で3打目のアプローチを60㎝に寄せたものの、そこから6パット。「9」をたたき、1番ホールのワースト記録を更新してしまった。

■水の中に消えた連覇の夢

2016年、大会連覇へ2位と5打差でサンデーバックナインに入ったジョーダン・スピースを悪夢が襲った。12番(パー3)でティショットをグリーン手前のクリークに落とし、ドロップ後の3打目も水の中へ。このホール「7」で首位陥落。ダニー・ウィレット(イングランド)にグリーンジャケットを着せるうつろな表情は、悲痛なコントラストだった。

■大本命がまさかの…

初めて世界ランキング1位に上りつめた2017年2月の「ジェネシスオープン」から出場3試合連続優勝とこれ以上ない勢いでオーガスタに乗り込んだダスティン・ジョンソン。開幕前日、コース近くに借りていた家の階段から転落して腰を強打。初日も会場入りして最後まで出場の可能性を探ったが、無念の欠場を余儀なくされた。

■これも悲劇?

開幕前日恒例のパー3コンテスト。2018年に念願のマスターズ初出場を果たしたトニー・フィナウは7番でホールインワンを決めると、大喜びした際に左足首をひねって脱臼してしまった。それでも患部をガチガチに固めて強行出場し、10位フィニッシュ。「100点満点」と無邪気にはしゃぐ大物ぶりを発揮した。

幻のマスターズウィーク 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ

  • 2020/11/12~2020/11/15
  • オーガスタナショナルGC(ジョージア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!