ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

12番パー3で痛恨の『7』 呆然のスピース「しばらく尾を引く」

「アンビリーバブル(信じられない)」とTVコメンテーターも絶句した。2位に5打差をつけて「マスターズ」のサンデーバックナインに突入したディフェンディングチャンピオンのジョーダン・スピースが、10番、11番と連続ボギーの後に12番(パー3)でよもやの「7」をたたいた。わずか3ホールで6ストロークを失って、首位からあっという間に転がり落ちた。

「残り9ホールで5打のリードがあったので、(10番と11番の)2つのボギーは傷にならないことは知っていた。でも、12番で深呼吸して、自分の打ち出すラインに集中することができなかった」

大会連覇に期待を寄せるパトロン達のため息は、13番で2打目を打とうとしていた松山英樹に仕切り直しをさせたほど。スピースは、ティショットをグリーン手前のレイズクリークに打ち込むと、ドロップ後の残り80ydの3打目も大き過ぎるターフを残して再び水の中へと消えた。

直後の13番、15番でバーディを奪い返したスピースだったが、この日「73」で通算2アンダーの2位に終わった。「12番で集中力を欠いたことが痛かった。ティショットだけでなく、なぜ打ち直しのショットをコントロールできなかったのか。なぜ最悪5で上がれなかったのか。そうしていたら、まだ首位タイでいられたのに」とスピース。

「大きな視点に立つと、今回の件は大きな傷となるだろう。しばらく尾を引くと思う」と振り返り、呆然とした。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。