ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ミゲル・アンヘル・ヒメネスの胸板

初日から2日間をタイガー・ウッズとラウンドした松山英樹にとって、この第3ラウンドは、ちょっぴり寂しい気持ちもあったのかもしれない。「WGCブリヂストンインビテーショナル」3日目。早朝の悪天候を考慮し、3サムでのプレーとなったこの日、同組はライアン・ムーアミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)といった、少しばかり“通好み”な選手との組み合わせとなった。

前半の3ボギーを同伴競技者のせいにするつもりは毛頭ない。けれど「良いショットを打っても、拍手もなくて・・・」。大ギャラリーを引き連れた2日とはやっぱり違う雰囲気。しかもショット前にじっくりと間を取るヒメネス、そして乱調のムーアのプレーにはどうも時間がかかる。松山本人は「(ペナルティを受けた)全英が終わってから、すごく意識している」と自らを律して行動しているのだが、この日は組全体が競技委員にプレーファストを促される場面があった。

ファイヤーストーンCCはロングヒッター有利、というか、ある程度飛距離が無ければ、対等に渡り合うことすら難しいコース。しかしホールアウトしてみると、ヒメネスは「65」をマークして通算5アンダーの7位タイに浮上していた。昨年、欧州ツアー最年長優勝記録を樹立した49歳は、痛快にスコアを伸ばしていった。「曲がらないし、パターも入る。無理せずにゴルフをやっている感じですね」と松山。もちろんタイガーのゴルフとは真逆を行くのだが、別の強さを肌で味わうことができた。

とはいえ、来年シニア入りのヒメネスをただの老獪なベテランと見るのは、ちょっと違うらしい。この日のスタート前、会場内のツアーのフィットネスカーに立ち寄った谷口徹が言った。「朝、ヒメネスのトレーニングを見てビビった。上半身の鍛え方がハンパじゃない。あんなのやったら、自分は壊れてしまう」。胸まわりの筋肉を鍛えるウェートトレーニング用の機器を何度も上げている姿を目にした。「ランニングなんか、へっぴり腰で、彼にとってはトレーニングじゃないのかなあ。あの大きな胸板に、納得した」。

ヒメネスは“テニスエルボー”のため、左ひじにサポーターを巻いている。スタート前に約1時間半、トレーニング用のバスにこもるのがルーティン。練習場では、深く股関節を拡げてからストレッチを開始し、アイアンのシャフトの真ん中を持って、胸の前に伸ばした手首をグルグルと回す。全身を大きく回す独特の素振りを2度繰り返してから、アドレスに入る光景はおなじみだ。

ワインを飲む。葉巻も飲む。そして、額に汗して体を苛め抜く。奇抜な風貌だけではない、衰えない強さは日々の努力で培われている。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 WGCブリヂストンインビテーショナル

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。