ニュース

米国男子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 リオデジャネイロ五輪
期間:08/11〜08/14 場所:オリンピックゴルフコース(ブラジル・リオデジャネイロ)

五輪男子ゴルフの知っておくべきアラカルト

112年ぶりにゴルフがオリンピック競技に復活し、世界の注目がリオデジャネイロに集まるなか、世界の国々を代表する男女合わせて120人のゴルファーたちが、トロフィーではなくメダルを目指して競い合うことになる。

■これまでの歴史

ゴルフがオリンピックに初めて登場したのは1900年パリ大会。この時は米国のチャールズ・サンズとマーガレット・アボットがそれぞれ男女の金メダルに輝いている。コンピエーニュGCで開催された1900年大会でプレーしたのは、男女合わせて4カ国からなるわずか24名だった(男女それぞれ12人ずつ)。

<< 下に続く >>

1904年のセントルイス大会では、計77人(うち米国人72人、カナダ人3人、英国人2人)のアスリートが出場し、グレンエコーGCで個人戦とチーム戦を戦った。個人金メダルに輝いたのは、マッチプレーの決勝でヘンリー・チャンドラー・イーガンを下したカナダのジョージ・ライオン。チーム戦では米国が金メダルを獲得した。

1908年のロンドン五輪では、大会方式に対する見解不一致から英国人選手が一人も出場せず、競技そのものがキャンセルされた。その後、ゴルフは2009年に開催された第121回国際オリンピック委員会で、夏季五輪の正式競技として、2016年のリオ大会と2020年の東京大会で復帰することが決定した。

■フィールド

60人から成る男子ゴルフのフィールドには、6人のメジャー王者、6人のWGC王者、かつての世界ナンバーワンが1人、そして39人のヨーロピアンツアー優勝経験者が含まれる。少なくとも、60人中42人がヨーロピアンツアー、あるいはチャレンジツアーのメンバーとなっている。

最も多くの選手が出場する米国からは、リッキー・ファウラーマット・クーチャーパトリック・リード、そしてバッバ・ワトソンがリオにやってきた。

英国からは、「マスターズ」王者のダニー・ウィレット、そしてかつての「全米オープン」王者であるジャスティン・ローズが出場する。

第145回「全英オープン」王者のヘンリック・ステンソンは、昨年の「メモリアルトーナメント」で3ホールにわたるプレーオフの末にローズを下して優勝を遂げたデービッド・リングマースと共に、スウェーデンを代表してプレーする。

この他にも、フィールドには世界各国から参加する、好調で勝利に餓えた選手たちが散見される。輝かしい2015年シーズンを送ったインドのアニルバン・ラヒリは虎視眈々とメダルを狙っている。韓国のアン・ビョンフンは、特に両親が二人とも1988年のソウル五輪卓球競技のメダリストであるとあって、輝きを放ち始めた自身のキャリアにオリンピックのメダルを加えたいと切望していることだろう。

チャレンジツアーからはライアン・フォックス(ニュージーランド)、エスペン・コフスタッド(ノルウェー)、そしてジョゼ・フィリペ・リマ(ポルトガル)の3人が出場し、昨季の「ロード・トゥ・オマーン」王者のリカルド・ゴウベイアもポルトガルを代表して出場する。

■コース

米国の著名な設計事務所ハンス・ゴルフ・デザインにより設計された2016年のオリンピックコースは、今年の3月にテストイベントが開催されて以来、とても前向きな評価を得てきた。ハンス・ゴルフ・デザインは、その土地の利用方法により、リオデジャネイロオリンピック委員会により選出された。自然の地形と植物の利用を提唱したハンス・ゴルフ・デザインは、世界各地の殆どのゴルフコースがそうであるような、頻繁なメンテナンスを必要とするエリアを最小限に留めつつ、コースが維持管理できるモデルを作り上げた。その結果、自然の要素に左右される無骨なコースが出来上がった。風が吹けば、このコースはその表情を完全に変え、選手たちには頭痛の種となるだろう。オリンピック男子ゴルフの結果がどうあれ、このコースが試練として選手たちの前に立ちはだかるのは間違いない。

このプロジェクトでは、2016年に「アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン」を開催したキャッスルスチュワートを設計したハンスと、LPGAツアーで29勝を挙げているエイミー・アルコットがタッグを組んで設計にあたった。

■トリビア

1908年大会では、カナダ人ゴルファーのジョージ・リオンが2度目の金メダルを辞退している。この時は、大会方式に対する見解不一致のため、全ての英国人選手が出場を取り止め、リオンが唯一の競技者となったのである。

初めて女子ゴルフ競技が行われた1900年大会の勝者は、米国のマーガレット・アボットだった。しかし、彼女がオリンピック王者であることが明らかになったのは、1955年の彼女の死に際してのことだった。五輪競技に出場したアボットだったが、彼女の母親は、彼女がパリのレディース選手権に出場するために渡仏したと思い込んでいたのである。

1900年と1904年のオリンピックゴルフ競技では、93人のゴルファーがプレーしているが、その両方でプレーしたのは米国のアルバート・ランバートただ一人である。

オリンピックにおけるゴルフ競技のメダル獲得国はカナダ、英国、そして米国の3カ国のみである。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!