最近のニュース 新着一覧≫


2018/09/14新韓東海オープン

パク・サンヒョンら首位 アン・ビョンフンが2打差

)、ミゲル・タブエナ(フィリピン)と首位に並んだ。 欧州ツアー1勝で韓国勢で世界ランク最上位(47位)につけるアンビョンフン(韓国)、ティティプン・チュアヤプラコン(タイ)ら5人が通算7アンダーの4
2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

・レイシュマンリー・ウェストウッド 11:40(19:40) アンビョンフン ケビン・ナ 11:50(19:50) ジュリアン・スリアダム・ハドウィン 12:00(20:00) ゲーリー・ウッドランド キム
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

・バーメスタールイス・ギャグニー (a) 10:13(23:13) ダニエル・バーガーケビン・チャッペル 10:24(23:24) マット・パージャル (a)アンビョンフン 10:35(23:35) 李
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・フィッシャー 8:50(22:50) トニー・フィナウアン・ビョンフン 8:59(22:59) アンドリュー・パットナムアドリアン・オタエギ 9:08(23:08) 任成宰J.J.スポーン 9:17(23
2019/03/15ザ・プレーヤーズ選手権

フリートウッドらが暫定首位発進 ウッズ35位 松山53位

ガン・ブラッドリーが「65」をマークし、7アンダーとして暫定首位に並んで発進した。 1打差の6アンダーでアンビョンフン(韓国)とブライアン・ハーマン。ロリー・マキロイ(北アイルランド)らが5アンダー
2019/02/01WMフェニックスオープン

松山英樹は27位発進 小平智71位、首位にファウラーら3人

・バーナーIIIの3人が「64」で回り、7アンダー首位とした。 6アンダーの4位にマーティン・レアード(スコットランド)とJ.T.ポストン。5アンダーの6位にバッバ・ワトソン、スコット・ピアシー、アン
2019/02/03WMフェニックスオープン

ファウラーが4打差首位で最終日へ 松山英樹は26位

通算15アンダーの3位に続いた。 13アンダーの4位にアンビョンフン(韓国)とブランデン・グレース(南アフリカ)、12アンダーの6位に前年覇者ゲーリー・ウッドランドとバッバ・ワトソンが並んだ。 24位
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

・クーチャー マーク・レイシュマン 李昊桐 ロリー・マキロイ アレックス・ノレン マシュー・サウスゲート ジョーダン・スピース 4:2018年第21週時点の世界ランキング上位50人 アンビョンフン
2018/11/15

金谷拓実&中島啓太は3打差10位/オーストラリアOP

◇豪州&ワンアジア◇エミレーツ オーストラリアオープン 初日(15日)◇レイクスGC◇パー72 アンビョンフン(韓国)が5アンダーの首位発進を切った。マット・ジャガー、アマチュアのデビッド
2018/11/23ISPSハンダW杯ゴルフ

日本はフォアサムで21位に後退 韓国とベルギーが首位

)の2日目は強い風と雨に見舞われる中、韓国とベルギーが通算10アンダーで首位に並んだ。 アンビョンフンとキム・シウーが組む韓国は、首位から「72」のイーブンパーで回りその座をキープ。悪天候の中で「71
2018/11/22ISPSハンダW杯ゴルフ

ホームの豪州ら3カ国が首位 日本は4打差13位発進

(それぞれのボールでプレーして良い方のスコアを記録)で行われ、10アンダーで終えたイングランド(ティレル・ハットン&イアン・ポールター)、韓国(アンビョンフン&キム・シウー)、ホームのオーストラリア(マーク
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

14.6月11日時点の世界ランキング60位以内の資格 エミリアノ・グリジョ アンビョンフン 15.全米ゴルフ協会が特別推薦する選手 アーニー・エルス ジム・フューリック 16
2018/09/12新韓東海オープン

母国タイトル奪還へ お馴染みの韓国勢が帰国参戦

、2年連続で海外勢がタイトルをさらった。 地元ギャラリーの期待を背負うのは、韓国勢で世界ランキング最上位(47位)につけるアンビョンフン。15年以来の大会2勝目を目指す。
2018/07/30カナディアンオープン

ダスティン・ジョンソンが今季3勝目

23アンダーとして今季3勝目を挙げた。 3打差の通算20アンダー2位にキム・ミンフィとアンビョンフンの韓国勢が入った。通算19アンダーの4位でキーガン・ブラッドリー、通算17アンダーの5位でアブラム
2018/07/31佐藤信人の視点~勝者と敗者~

格の違いを見せたD.ジョンソン“無”の領域

「RBCカナディアンオープン」は、最終日、首位からスタートしたダスティン・ジョンソンが2位と3打差の通算23アンダーで、今季3勝目を挙げました。 3日目を終えた時点で、初優勝を狙うアンビョンフン