2018/02/14ヨーロピアンツアー公式

地の利を生かしたい3人のオマーン王者たち

優勝経験のあるクレモン・ソルデ、ベルント・リットハマー、リカルドゴウベイアの3人は、同地での成功の再現を狙って今大会にティアップする。 それぞれフランス、ドイツ、ポルトガル出身の3人は2015年から
2019/10/23ヨーロピアンツアー公式

「ポルトガルマスターズ」で知っておくべき5つのこと

加え、豪州、デンマーク、フランス、そしてスペインの選手たちが同大会を制覇しているが、これまで母国優勝を遂げた者はいない。今週のフィールドで最もランキングの高いポルトガル人選手であるリカルドゴウベイアとペドロ・フィゲイレドは、その歴史を変えるべく、母国での大会に臨むことになる。
2017/05/11ヨーロピアンツアー公式

母国での勝利を胸に期すゴウベイア

「ロード・トゥ・オマーン」を制した2015年以来となるチャレンジツアーの大会への出場へ準備を整えるリカルドゴウベイアは、勝利を視界に捉えている。 今週の「ポルトガルオープン」は、獲得ポイントが
2017/05/10ポルトガルオープン

歴史あるポルトガル大会が7年ぶりに復活開催

、2010年を最後にスケジュールから消えて以来7年ぶりの復活開催となる。 母国タイトルの獲得を狙うのは、最新の世界ランクでポルトガル勢最高位の208位につけるリカルドゴウベイア、399位で続くホセ
2018/02/13ヨーロピアンツアー公式

「NBOオマーンオープン」について知っておくべき5つのこと

バンク・オブ・オマーンクラシック」も開催されており、チャレンジツアーの大会はこれまで計5回開催されている。 今週の大会は、過去3回の「NBOゴルフクラシックグランドファイナル」を制したリカルド
2017/11/07ヨーロピアンツアー公式

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」大会アラカルト

首位でスタートしたワン・ジョンフンはノレンと6打差の2位。通算7アンダーの3位タイには、リカルドゴウベイア、アレハンドロ・カニサレス、ビクトル・デュビッソン、アンディ・サリバン、そして地元人気の
2017/10/23ヨーロピアンツアー公式

バルデラマの王位は“センセーショナル・セルヒオ”の手に

・チェスターズは、通算1アンダーで大会を終え、通算1オーバーで大会を終えたリカルドゴウベイアとともにアクセスリスト入りを果たした。 逆にこの試合の結果、ザンダー・ロンバードとジョエル・スタルターはアクセスリストから漏れた。
2016/11/14ヨーロピアンツアー公式

A.ノレンが「63」で逆転V 年間王者決定は最終戦へ

」と語った。 3位に入ったポルトガルのリカルドゴウベイアとフランスのビクトル・デュビッソンは、「レース・トゥ・ドバイ」のランキングをそれぞれ53位と47位へ上げ、10位に入った南アフリカのヤコ・バン
2016/11/14ネッドバンクゴルフチャレンジ

6打差逆転! A.ノレンが今季4勝目を挙げる

フンは、75とスコアを落とし通算8アンダーで2位。7アンダーの3位にはリカルドゴウベイア(ポルトガル)、アレハンドロ・カニサレス(スペイン)、ビクトル・デュビッソン(フランス)、ブランデン・グレース
2017/05/10ヨーロピアンツアー公式

「ポルトガルオープン」の大会アラカルト

導いたチャレンジツアー上がりの2人だ。 地元期待のリカルドゴウベイアは、記録破りのシーズンとなった2015年に「ロード・トゥ・オマーン」を制しており、昨季ヨーロピアンツアーへの昇格を果たしたジョゼ
2016/11/16ヨーロピアンツアー公式

DPワールドツアー選手権の知っておくべきアラカルト

、そしてリカルドゴウベイアといった面々も顔を揃えており、ワンは過去にマルティン・カイマー、セルヒオ・ガルシア、そしてイアン・ポールターらが受賞した「レース・トゥ・ドバイ」ランキング最上位のルーキーに贈ら
2017/05/09ヨーロピアンツアー公式

「ゴルフシックス」で明らかになった6つの事柄

なった。優勝したデンマークペアの片割れであるルーカス・ビェルレガードは、優勝記者会見で、ヨーロピアンツアーでは年に3回こうしたタイプの大会を開催すべきだと述べており、ポルトガルのリカルドゴウベイア
2016/10/18ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズの知っておくべきアラカルト

につけ、事実上来季ヨーロピアンツアーのシード権を確定させているリカルドゴウベイアらが出場する。 ■コース アーノルド・パーマー設計で2004年に開場したビクトリアGCは全長7,209ヤード、パー72
2016/08/28ヨーロピアンツアー公式

ドレッジが僅差の首位で最終日へ

リカルドゴウベイアが続いている。 3打差の首位で3日目をスタートしたドレッジだったが、そのアドバンテージは、ラガーグレンが序盤で2つのバーディを奪い、ドレッジが4番をボギーとしたことで早くも雲散霧消した
2017/05/07ゴルフシックス

6ホールマッチプレー イングランドやフランスが決勝T進出

) グループC:ポルトガル(リカルドゴウベイア、ジョゼ・フィリペ・リマ)、オーストラリア(サム・ブラゼル、スコット・ヘンド) グループD:フランス(アレクサンダー・レビー、グレゴリー・ボーディ)、イタリア
2016/08/10ヨーロピアンツアー公式

五輪男子ゴルフの知っておくべきアラカルト

3人が出場し、昨季の「ロード・トゥ・オマーン」王者のリカルドゴウベイアもポルトガルを代表して出場する。 ■コース 米国の著名な設計事務所ハンス・ゴルフ・デザインにより設計された2016年の