ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 アルフレッド・ダンヒル選手権
期間:11/26〜11/29 場所:レオパルドクリークCC(南アフリカ)

南アフリカで新シーズン開幕

前週はロリー・マキロイが2015年シーズンの終幕にスリリングなフィナーレで花を添えたわけだが、早くも2016年シーズンが始まる今週の「アルフレッド・ダンヒル選手権」で8季目の「レース・トゥ・ドバイ」が幕開けを迎えることになる。

舞台となるレオパルドクリークCCは、45大会で構成される年間レース初戦のコースとして絶景の場を提供することになり、ここからマキロイの君臨する欧州ナンバーワンの座を目指す戦いが始まる。

南アフリカで「レース・トゥ・ドバイ」の号砲が鳴らされるのは7季連続となり、2016年シーズンのヨーロピアンツアーでは今大会を含む6大会が同国で開催されることになる。

今大会のフィールドにはメジャー王者のルイ・ウーストハイゼンシャール・シュワルツェル、そして絶好調のまま2015年シーズンを終え、その好調を新シーズンも持続させたいブランデン・グレースと、開幕戦にふさわしい地元の豪華メンバーが顔をそろえている。

「プレジデンツカップ」でチーム最大の5ポイントを獲得したグレースは、前週開催された2015年シーズン最終戦の「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」を3位で終えるとともに「レース・トゥ・ドバイ」も3位で終えている。

見事なパフォーマンスで華々しいシーズンを締めくくった27歳のグレース。思えばその輝かしいシーズンは、1年前の「アルフレッド・ダンヒル選手権」で初日に「62」をマークした素晴らしいラウンドで幕を開け、そのままウーストハイゼンに7打差をつけて大会を制覇することで勢いに乗ったのだった。この大会はシュワルツェルが2013年、14年に連覇を果たしており、グレースが今大会で連覇を達成することになれば5年連続で地元南アフリカ勢がタイトルを獲得することになる。

ちなみに昨年大会での勝利はグレースにとってヨーロピアンツアー5度目の優勝であり、彼は翌月の「コマーシャルバンクカタールマスターズ」ですぐさまツアー6勝目を挙げている。

今一度、母国でのスタートダッシュを狙うグレースだが、ウーストハイゼンとシュワルツェルの2人も、合わせてヨーロピアンツアー10勝を飾っている地元での好成績の積み上げを狙っている。

「ロード・トゥ・オマーン」でナンバーワンに輝いたポルトガルのリカルド・ゴウベイアをはじめとする、昨季チャレンジツアーからの卒業を果たした12人の選手にとっても、ゴルファーとしての新章の幕開けとなる。

同様に、ヨーロピアンツアーのQスクールから勝ち上がった21人の選手も今大会のフィールドに含まれており、その中にはトップの成績を収めた南アフリカ出身のユーリッチ・バンデンベルグ、トップの座をかけてしのぎを削ったスペインのエイドリアン・オタエギや米国のダニエル・イムといった名が見られる。

Qスクールやチャレンジツアー上がりの選手たちにとって、多くの初優勝が生まれてきた「アルフレッド・ダンヒル選手権」の歴史は大いに惹かれるところがあるだろう。この大会ではアンソニー・ウォール(2000年)、アダム・スコット(2001年)、ジャスティン・ローズ(2002年)、マーク・フォスター(2003年)、マルセル・シーム(2004年)、シュワルツェル(2005年)、アルバロ・キロス(2007年)、そしてガース・マルロイ(2011年)といった面々がヨーロピアンツアー初優勝を遂げているのである。

一方、かつて「ライダーカップ」でプレーした経験を持つニクラス・ファスは、今週500回目のヨーロピアンツアー出場を達成することになり、これはスウェーデン人選手としてはロバート・カールソンに続く2人目の快挙となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 アルフレッド・ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!