ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

記録で振り返る2014年欧州ツアー

我々のサイトの‘この日の記録’記事で様々な記録のチェックに余念のない皆様、ここに最も洞察に満ちた記録が集結しました。それでは早速、思い出深い2014年シーズンの「レース・トゥ・ドバイ」で誕生した記録をお知らせします。

1 「レース・トゥ・ドバイ」の覇者、ロリー・マキロイ

<< 下に続く >>

2 マキロイによる「レース・トゥ・ドバイ」の優勝回数(2012年と2014年)

4 今季の欧州ツアー国際スケジュールにおける北アイルランド人選手による優勝回数

2 世界ランキング1位のマキロイによる今季のメジャー優勝回数(第143回「全英オープン」と「全米プロゴルフ選手権」)

5 複数回優勝者数(マキロイ、ミッコ・イロネンアレクサンダー・レビー、ミゲル・アンヘル・ヒメネスバッバ・ワトソンが該当)

1,312 2014年の「レース・トゥ・ドバイ」の大会に出場した選手数

18,755 上記の選手によるストロークプレーのラウンドの総数

1,346,594 全選手によるショットの総数(平均ストロークは71.8)

69.24 マキロイの平均ストローク(今季欧州ツアーの最高成績)

6,883,784.89 25歳のマキロイが2014年の「レース・トゥ・ドバイ」で獲得した賞金のユーロによる総額

12 初優勝を飾った選手数で、オリバー・ウィルソンブルックス・ケプカ、レビーらが含まれる

1 最優秀新人賞の受賞者(「トルコ航空オープン」王者のケプカ)

157 全体スコアで首位の成績を残したフランスのロメイン・ワッテルによるアンダーパーの合計スコア

35 ホールインワンの総数(グレーム・ストームジェームス・ヒースは2度ずつ達成しており、シェーン・ローリーはシーズン最終戦「DPワールドツアー選手権」の13番ホールで達成)

25 コースレコードの達成回数(これにはマーティン・カイマーの「全米オープン」での「65」、そしてトーマス・ビヨーンによる「BMW PGA選手権」初日の「62」が含まれる)

8 グレンイーグルスでポール・マッギンリー率いる欧州代表チームが米国を16?-11?で下したことによる「ライダーカップ」ここ10大会での欧州代表の勝利数

1 上記の隔年開催の大会で、ジェイミー・ドナルドソンキーガン・ブラッドリーを相手に、シングルスの15番ホールで放った欧州代表の勝利を決定づけるウイニングショット

4 アルバトロスの総数(ジュースト・ルイテン、スティーブ・ウェブスター、マルク・トゥジョ、ジェームス・キングストンが達成)

9 ヘンリック・ステンソンによるトップ5入りの回数(これはこのカテゴリーでトップの記録)

10 ステンソンによるトップ10入りの回数(「DPワールドツアー選手権」2勝のステンソンに続くのは、9回のマキロイとルイテン)

60 今年のベストスコア(「ポルトガル・マスターズ」初日にニコラス・コルサーツが記録)

312.6 ‘ベルギーの爆撃機’コルサーツが記録した今季最長となる平均ドライバー飛距離

9 今季9ホールあたりのアンダーパーでのベストスコア(スティーブン・ギャラハーが「オメガ・ドバイ・デザート・クラシック」3日目のバックナインで記録)

13 プレーオフにより大会の勝敗が決した回数(ファブリシオ・サノッティはその中で最長となる5ホールにわたるプレーオフを制し、ドイツで開催された「BMW国際オープン」を制覇)

7 初日から一貫して首位を譲らない“ワイヤー・トゥ・ワイヤー”優勝の回数(これにはホイレイクでのマキロイ、「アイルランドオープン」を制したイロネン、「メイバンク・マレーシアオープン」を制したウェストウッド、そして「全米オープン」を制したカイマーが含まれる)

8 最終日の最大逆転ストローク数(7月の「アルストム・フランスオープン」でグレーム・マクドウェルが8打差を逆転して優勝)

6 36ホール終了時点でのタイを含まない首位と2位との最大ストローク差(「全米オープン」のカイマーと「トルコ航空オープン」のイアン・ポールターがこれに該当)

8 勝者と2位との最大ストローク差(パインハーストでカイマーが達成)

2 2014年シーズンにGIR(規定打数でのグリーン到達)で75%を上回った選手の数(トーマス・エイケンとエミリアーノ・グリージョ)

1 ドライバーの正確性では80.6%フェアウェイを捉えたブラジルのアジウソン・ダ・シウバがトップ

22 フェリペ・アグラーがラグナナショナルで行われた「ザ・チャンピオンシップ」で記録した72ホールのアンダーパーでの最高スコア(プリファードライが適用)

18 36ホールでの最高スコアは雨で短縮された「ポルトガル・マスターズ」を制したアレックス・レビーによる通算18アンダー

28.4 ツアーのパッティングで王者に君臨するブレット・ラムフォードダレン・フィチャート、そしてジョージ・クッツェーの平均パット数

1 サンドセーブ率トップは76.3%を記録したショートゲームマスターのフィチャート

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!