2021/08/12ヨーロピアンツアー公式

「カズークラシック」で知っておくべき5つのこと

。 2014年には、ロンドンGCのインターナショナルコースで「ボルボ世界マッチプレー」が開催され、フィンランドのミッコイロネンが、決勝戦にて、同じくスカンジナビア出身でスウェーデンのヘンリック
2014/06/22ヨーロピアンツアー公式

引き続き単独首位に立つイロネン

フォタアイランドリゾートで開催中の「アイルランドオープン」は3日目を終え引き続きミッコイロネンが首位に立っているものの、何人かの有力選手が順位を上げフィンランド人選手の背中に迫っている。 上がり3
2014/06/23ヨーロピアンツアー公式

フォタで完全優勝を遂げたイロネン

フォタアイランドリゾートで開催された「アイルランドオープン」は、自身300回目のヨーロピアンツアー出場となったミッコイロネンが初日から首位を譲らない“ワイヤー・トゥ・ワイヤー”で勝利を飾った
2013/10/04ヨーロピアンツアー公式

大陸ヨーロッパ選抜がパリでの初日を支配

マーク・ウォーレンのペアを5対3で破り勝敗を五分に戻すと、ミッコイロネンとトービヨン・オルセンが、トミー・フリートウッドとクリス・ウッドに最終18番でかろうじて勝利。ウッドの大会無敗記録を止めることに
2014/06/21ヨーロピアンツアー公式

イロネンが首位を堅持

「アイルランドオープン」2日目は、初日をコースレコードの「64」でラウンドしたフィンランドのミッコイロネンがこの日「68」で回り、引き続き首位の座を守った。 イロネンは通算10アンダーとし
2014/10/17ヨーロピアンツアー公式

ララサバル 最終ホールで辛くも接戦制す

たクッツェーはこれで獲得ポイントを3ポイントとした。 前回王者のグレーム・マクドウェルはミッコイロネンに2&1で敗れ、この大会での通算3敗目を喫した。 これまでマクドウェルは「ボルボ世界マッチプレー
2014/10/19ヨーロピアンツアー公式

“穴馬”のクッツェーがベスト4進出

ちょっとね。彼はロートルとの対戦を最終ホールまで持ち越し、試合を面白くしたね」。 準決勝の第2試合ではオランダのジュースト・ルイテンとフィンランドのミッコイロネンが顔を合わせることになった。彼らは
2013/10/20ヨーロピアンツアー公式

地元オーストラリア勢のニネットとラムフォードが躍進

ます」 「ここには沢山の素晴らしいプレーヤーがいますし、そして最後の9ホールは、私が優勝した中国でもそうでしたが、どの大会でも事態は急変するものです。あの時はミッコイロネンが1打差か2打差に迫ってき
2013/03/31ヨーロピアンツアー公式

優勝に向かって突き進むシーム

臨んだ32歳のシームは、フィンランドのミッコイロネンとイングランドのデビッド・ホージーにフロント9で追いつかれたが、折り返し前後の6ホールで4つのバーディを奪い、通算15アンダーとして再び首位に立って
2015/09/13ヨーロピアンツアー公式

3日目を終えカブレラベローとスラッテリーが首位に並ぶ

迎えることとなった。 その1打後方の通算14アンダーにはトーマス・ピータースがつけており、更に1打後方にはミッコイロネン、モルテン・オラム・マドセン、そしてウェイド・オームスビーが続いている。 首位
2016/07/02ヨーロピアンツアー公式

R.マキロイがパリで一躍首位に浮上

ではスイングの問題を微塵も感じさせなかった世界4位は、ミッコイロネン、トンチャイ・ジェイディー、ブランドン・ストーン、そしてワン・ジョンフンと並ぶ首位タイへ順位を大幅に上げてみせた。 首位グループの
2016/08/05ヨーロピアンツアー公式

C.ウッドがアーチャーフィールドでの初日を楽勝でクリア

に競り勝ったイングランドのオリバー・フィッシャーは、パブロ・ララサバルに2&1で勝利した同じくイングランドのサイモン・カーンと2回戦で対戦する。 初戦でジョン・ジンと対戦した第16シードのミッコ
2013/06/01ヨーロピアンツアー公式

鳴り止まないマネッセロの進軍ラッパ

うち、2日目に5つのバーディを奪ったバックナインでスコアを10伸ばした。 最近中国とモッロコで準優勝をしたミッコイロネン(フィンランド)は後半を「30」で回りこの日のスコアを「63」とし、通算11
2013/10/05ヨーロピアンツアー公式

英国・アイルランド選抜が大陸ヨーロッパ選抜との差を詰める

のペアは、バーディを奪った7番のケーシーによる見事なリカバリーショットもあり、ミッコイロネンとトービヨン・オルセンを3&2で下した。英国・アイルランド選抜にとっては幸先の良い出だしとなった。 しかし
2013/06/03ヨーロピアンツアー公式

イロネンがスウェーデンで快勝

ミッコイロネン(フィンランド)は「ノルデアマスターズ」の最終日、ブロホーフスロットで6年前の同大会で優勝して以来の欧州ツアー優勝を果たした。 過去2度の欧州ツアー優勝は2007年(そのうちの2度目
2013/10/07ヨーロピアンツアー公式

大陸ヨーロッパ選抜が13年越しの悲願を達成

腕前を見せ、スティーブン・ギャラハーに3&2で勝利すると、大陸ヨーロッパ選抜は14ポイントまで伸ばし、その時点でミッコイロネンはポール・ローリーの後塵を拝してはいたものの、終盤に差し掛かったモリナリ
2016/09/04ヨーロピアンツアー公式

アルプス決戦 ヘンドが僅差リードの単独首位で最終日へ

アレハンドロ・カニサレス、ミッコイロネン、アンドリュー・ジョンストン、そしてロマン・ランガスキューが続いている。 今季は「タイランドクラシック」で優勝し、リオ五輪では母国を代表して男子ゴルフ競技でプレー
2014/08/08ヨーロピアンツアー公式

ウェストウッドが首位タイの好発進

ば、あといくつかスコアを伸ばせたけど、『66』でも堅調な滑り出しだ」。 フィンランドのミッコイロネンは、首位からの2打差の「67」で初日を終えた。「ライダーカップ」出場を目指すイアン・ポールター
2013/10/01ヨーロピアンツアー公式

セベからの刺激 パリでの勝利を狙うオラサバル

・カスタノも呼ばれた。彼は腰痛に苦しむピーター・ハンソン(スウェーデン)の代替選手として、月曜日に召集を受けた。フィンランドのミッコイロネン、イタリアのマッテオ・マナッセロ、そして初参加となる
2014/08/09ヨーロピアンツアー公式

栄光へ突き進むマキロイ

。 ジェイソン・デイ(オーストラリア)は、2日間を通じて今大会の最高スコアとなる「65」をマーク。米国のジム・フューリックとともに1打差でマキロイを追う。さらに1打差にはフィンランドのミッコイロネン