2014/02/02ヨーロピアンツアー公式

バック9「28」に困惑? S.ギャラハーが単独首位へ

ギャラハー自身も困惑のバックナイン「28」 「オメガドバイデザートクラシック」は3日目を終え、ディフェンディングチャンピオンのスティーブンギャラハーがロリー・マキロイに2打差をつけ、単独首位で最終
2021/02/06サウジインターナショナル

2日目は日没順延 川村昌弘と金谷拓実は「71」とスコア落とす

スティーブンギャラハー(スコットランド)が12ホールを終えて、同じく10アンダーとしている。 ホールアウトしたアンディ・サリバン(イングランド)とベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)、世界ランキング1位
2021/02/05サウジインターナショナル

川村昌弘10位 金谷拓実17位 デシャンボーら好発進

) ツアー4勝のデービッド・ホーシー(イングランド)が5連続を含む9バーディ「61」をマークし、9アンダーとして単独首位発進を決めた。1打差の2位に同じく4勝、46歳のスティーブンギャラハー(スコットランド
2020/10/14ヨーロピアンツアー公式

スコティッシュ選手権で知っておくべき5つのこと

あるデビッド・ロウ、スコット・ジェイミソン、リッチー・ラムゼイ、そしてかつての「ライダーカップ」出場選手であるスティーブンギャラハーといった面々が含まれる。 2019年にサー・ヘンリー・コットン新人
2014/08/31ヨーロピアンツアー公式

イタリアでの2勝目へ向け首位をひた走るオット

最終ホールで気概のあるパーセーブを見せたヘニー・オットが、2打差の首位で「イタリアオープン」の最終日を迎えることとなった。一方、スティーブンギャラハーの「ライダーカップ」へ向けた最後の望みは何とか
2014/06/02ヨーロピアンツアー公式

ノルデアマスターズを制覇したジェイディーの歓喜

プレーオフでビクトル・デュビッソンとスティーブンギャラハーを退けたトンチャイ・ジェイディーが「ノルデアマスターズ」で劇的な勝利を挙げた。 世界2位のヘンリック・ステンソンら地元勢が優勝のチャンスを
2014/02/03ヨーロピアンツアー公式

勇ましく戦ったギャラハーがタイトル防衛に成功

バックナインで連日の盛り返しを見せたスティーブンギャラハーが「オメガドバイデザートクラシック」を制し、同大会初となる2連覇を遂げた。 最終組で共にプレーしたロリー・マキロイに2打差をつけて首位で
2014/10/17ヨーロピアンツアー公式

ララサバル 最終ホールで辛くも接戦制す

カップに入れてバーディとしたスペインのララサバルが、スティーブンギャラハーに1アップの勝利を収めたのである。 これにより今年の「アブダビHSBCゴルフ選手権」を制したララサバルは、同じガブリエルソン組で
2014/04/12ヨーロピアンツアー公式

B.ワトソン追撃へ万全のビヨーン

決めたんだ。14番と16番では攻めたのが実を結び、タップインのバーディを仕上げるために歩いて行った18番(のグリーン)では気分が良かったね」。 スコットランドのスティーブンギャラハーも2日目の出来
2014/08/29ヨーロピアンツアー公式

母国で輝きを見せたモリナリ

レース最終戦で、欧州代表チーム入りの自動選出枠へ滑り込むチャンスのある唯一の選手であるスティーブンギャラハーは、初日を「72」のイーブンで終えている。スコットランドのギャラハーは、グレンイーグルスでの
2014/08/30ヨーロピアンツアー公式

猛チャージのオットが堂々首位へ

「イタリアオープン」2日目は見事なラウンドを披露したヘニー・オットが3打差の首位で大会を折り返す展開となったが、素晴らしいゴルフで盛り返しを見せたスティーブンギャラハーも土壇場での「ライダーカップ
2014/07/14ヨーロピアンツアー公式

無敵のローズ スコットランドで完勝

。一方、同組のスティーブンギャラハーはそれを上回る「63」でラウンドし、数時間前にフェリペ・アギラーが打ち立てたコースレコードに並んだ。 それまでのコースレコードは、木曜日の朝6時半に第1組でスタートし
2014/08/22ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップ出場のチャンスを高めるドナルドソン

、スウェーデンのミカエル・ルンドベリに1打差をつけて首位に立った。 ポール・マッギンリーのチーム入りへ向け直接のライバルであるスコットランドのスティーブンギャラハーとオランダのジュースト・ルイテンは
2015/01/29ヨーロピアンツアー公式

ステンソンと歩くエミレーツGC

・エルス、ロリー・マキロイといった素晴らしい王者を生み出しており、ここ2年はスコットランドのスティーブンギャラハーが連覇を飾っている。 フロリダに拠点を置く設計士のカール・リッテンにより設計され
2014/03/28ヨーロピアンツアー公式

キムとマークセンがアジアの巻き返しに貢献

の勝負をオールスクエアとして0.5ポイントを獲得した。 17番でバーディを奪ったゴンサロ・フェルナンデスカスターニョとスティーブンギャラハーのペアも、小田孔明と谷原秀人のペアとの勝負を終盤で引き分け
2014/02/01ヨーロピアンツアー公式

ドバイでの2勝目に自信の覗かせるマキロイ

通算8アンダーで3位の座を分け合い、さらにその後方には2日目を「67」でラウンドした欧州ナンバーワンのヘンリック・ステンソンと前回王者のスティーブンギャラハーを含む7人の選手が通算7アンダーで並んで
2014/09/28ヨーロピアンツアー公式

欧州が主導権を握る

:12 ジャスティン・ローズ v ハンター・メイハン 12:24 スティーブンギャラハー v フィル・ミケルソン 12:36 マーティン・カイマー v バッバ・ワトソン 12:48 トーマス