ニュース

米国女子ウェルチ・フライズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ウェルチ・フライズ選手権
期間:03/13〜03/16 ランドルフノース・ゴルフコース(アリゾナ州)

今度はM.マローンが「60」のコースレコード更新!

アリゾナ州のランドルフノース・ゴルフコースで開催されている、米国女子ツアー開幕戦「ウェルチ・フライズ選手権」2日目。初日、カナダのローリー・ケーンが、1ラウンド「61」ストロークのコースレコードを出したが、ベテランのメグ・マローンが、さらに上をいく「60」をマークした。

初日64の6アンダーで7位につけていたマローンは、前半から飛ばした。前後半5つずつバーディを積み重ね、最終ホールもバーディチャンス。このパットが決まれば、アニカ・ソレンスタムの持つ、「59」という記録に追いつく所だったが惜しくも外してしまった。

一気に10ストローク伸ばしたマローンが、通算16アンダーで単独首位に浮上。3打差の13アンダーには、8ストローク伸ばしてきたウェンディ・ドゥーランとヤング・キム、さらには、初日に9アンダーを叩き出したローリー・ケーンが並んでいる。ケーンとしては、1日だけのコースレコードホルダーになってしまった。

開幕戦初日から好スタートを切った日本勢だが、福嶋晃子が3ストローク伸ばし通算8アンダー。スコアは伸ばしたが、順位は3つ落とし14位となった。小林浩美は、2つ伸ばして6アンダーにしたが、こちらは24位から35位まで下がってしまった。

今週はアニカ・ソレンスタムが出場していないため、注目はライバルといわれるカリー・ウェブ朴セリの仕上がり具合だ。ウェブは4ストローク伸ばし6アンダー、小林と並んで35位で予選を通過したが、朴はスコアを伸ばせず通算2アンダーで予選落ちとなった。

予選2日間で脅威的なスコアが続出しているが、決勝ラウンドも飛び出してくる選手が現れるのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ウェルチ・フライズ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。