ニュース

米国女子LPGAハナバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

藍、ハナバンク初出場の決断

2012年シーズンも終盤へと突入している米国女子ツアー。今週の「LPGAハナバンク選手権」を含めて残りは5試合で、前週のマレーシアから今週の韓国、そして台湾、日本とアジア4連戦の真っただ中にある。この直前はオープンウィークだったが、日本の「ミズノクラシック」終了後は、すぐ翌週にメキシコで「ロレーナ・オチョア招待」が開催される。その翌週が最終戦というスケジュールだ。

米ツアーに本格参戦した06年以降、宮里藍は毎年この「ミズノクラシック」に参戦してきた。だが、初年度に7位タイに入ったものの、それ以降は09年の17位に入ったのが唯一のトップ20フィニッシュ。それ以外の4度は、50位以内にすら入れていない。

「これまではミズノに出ていて、ミズノからメキシコまでは移動も長いし、ハードな3週間(台湾、ミズノ、メキシコ)になっていたので、今回は終わりに向けて良い状態でフィニッシュしたいと思って、ミズノを休むことにしました」と宮里は言う。だが、相性の悪さに加え、賞金総額120万ドルとアジアシリーズでは一番低く(ちなみに韓国は180万ドル)、そして東京から優に4時間は掛かる移動も、選手たちの足を遠ざけていることに疑いの余地はない。以前、アニカ・ソレンスタムの帰りの移動が未手配で、名古屋まで近鉄列車に立ち乗り乗車したという話も、選手たちの評判を落とした一因だという。

いずれにせよ、今年の宮里は02年に金メダルを獲ったアジア大会以来、10年ぶりに韓国での試合に挑む。「先週は、今シーズン一番といっていいくらいゴルフの内容がよかった」と調子も上向き。きっぱりとした決断が好結果につながるか、今週の宮里に注目したい。(韓国インチョン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 LPGAハナバンク選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。