ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 史上初のアマチュア連覇を狙う

国内男子ツアーの「三井住友VISA太平洋マスターズ」は8日(木)から4日間、静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで開催。アマチュアの松山英樹が昨年覇者としてツアートーナメントに帰ってくる。

2日目の大雨により、54ホールの短縮競技となった昨年大会。松山は最終ラウンドを首位に2打差の2位からスタートし、2イーグルを含む「68」をマークして逆転勝利。倉本昌弘石川遼に続くツアー史上3人目のアマチュア優勝を果たした。前週は来年の「マスターズ」出場権をかけた「アジアパシフィックアマチュア選手権」で4位に終わり、涙をのんだが「今年に関して連覇ができるのは自分だけ。連覇する気持ちでいないとどんな試合も勝てない」と高い志を持ってタイから帰国した。

そして1年前、御殿場でディフェンディングチャンピオンの座を奪われたのが石川遼。2010年の同大会を最後にツアー優勝から見放されている。それでも昨年大会では最終日に17番(パー3)で自身ツアー2度目となるホールインワンを達成。同学年の松山とともに表彰式に出席し、新時代の幕開けを予感させたのは記憶に新しい。石川は前週をオープンウィークに充て、フレッシュなコンディションでタイトル奪還を狙っている。

現在賞金ランクトップを走る藤田寛之は前週、中国で「WGC HSBCチャンピオンズ」に参戦し11位タイフィニッシュ。世界ランキングも52位に浮上し、年末の50位以内入りが見えてきただけに、モチベーションは高まるばかり。また、今大会には昨年度の賞金王ベ・サンムン(韓国)が参戦。米ツアーのツアープレーヤーとして一年を戦った今年は、これが日本ツアー初出場となる。

【主な出場選手】
松山英樹(アマ)、石川遼今野康晴尾崎将司片山晋呉久保谷健一谷口徹谷原秀人中嶋常幸藤田寛之藤本佳則ベ・サンムン宮本勝昌

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。