ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

8アンダー3人が首位!混戦模様になってきた!!

名古屋ゴルフ倶楽部の和合コースで行われている、国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」2日目。初日8アンダーをマークし単独首位に立った近藤智弘が、スコアを伸ばせず集団に吸収されてしまった。

首位の近藤に並んだのは、この日5ストローク伸ばし10位から浮上したピーター・テラベイネンと、6アンダー3位からスタートした手嶋多一の2人。初日ボギー2つにダブルボギーも1つ叩いたテラベイネンだが、7つのバーディを奪い3アンダーをマーク。この日は5つしかバーディを奪えなかったが、ボギーを叩かぬ堅実なゴルフで首位に躍り出た。

7アンダー4位には、この日のベストスコア64をマークした星野英正、桧垣繁正の2人が29位から急浮上してきた。同じく4位には、初日単独2位の藤田寛之も入っている。藤田も近藤と同じくこの日はイーブンパーでスコアを伸ばせなかった。2人の伸び悩みが混戦状態を作ってしまったようだ。

今大会海外招待選手では、韓国のケビン・ナが最も上位に来ている。2アンダーでスタートしたナは、確実に1ストローク伸ばし3アンダーとしたが、順位は17位から23位に後退した。

ディフェンディングチャンピオンのジャスティン・ローズは、7バーディ、3ボギーで4ストローク伸ばした。初日3オーバー86位と大きく出遅れ予選落ちの危機もあったローズだが、1アンダーまで伸ばして来た。残り2日、首位とは7ストロークあるが、どこまで巻き返してくるか楽しみだ。

初日の出遅れを取り戻せなかったのは、スペインのアレハンドロ・ララサバルだ。この日も5オーバー、通算12オーバーであえなく予選落ち。プロ転向2戦目も2日間でコースを去ることになった。

また、注目の宮里優作は、初日がローズと同じ3オーバーだったが、スコアを3つ伸ばしイーブンパーまで戻した。1オーバーまでの66名が決勝ラウンドに進出することになった。

■ P.テラベイネン(8アンダー/首位タイ)

「今まではコンディションが悪くて、9Hはいいプレーが出来るんだけど続かなかった。 今日は「頑張れば大丈夫だ!」と自分に言い聞かせたら、15番と16番でバーディが取 れ耐えることが出来た。 今まで自己流だったスウィングをオフの間コーチに見てもらい背中をフラットにする 打ち方に変え、クラブもドライバーを替えパターも長尺から中尺に替えてクロスハン ドグリップにしたら、すべてが調和し今日のラウンドに繋がった。 長くスポットライトに当たっていなかったので、明日はプレッシャーがかかるかもし れないが頑張るよ」

■ 近藤智弘(8アンダー/首位タイ)

「序盤はいい感じでパターが入り、すごくリズム良くスタート出来た。 今日はティショットがフェアウェイに行かない傾向が強く、パーを取るのに必死だっ た。 後半はボチボチ良くなってきたけど・・・。 パッティングのフィーリングはすごくいいので、パッティング勝負ということでずっ とやっていた。 1つでもスコアを伸ばしたかったので少し残念だけど、イーブンパーも決して悪いス コアではないと思っている。 明日は何とかフェアウェイにボールを置ければ、まあまあのスコアが出るのではない かと思います」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。