ニュース

欧州男子ダンヒル・リンクス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ダンヒル・リンクス選手権
期間:10/07〜10/10 場所:セントアンドリュース他(スコットランド)

新頂上決戦!ビジェイ、エルスともに11位発進

欧州ツアー第35戦「ダンヒルリンクス選手権」が、スコットランドのセントアンドリュースオールドコース、カーヌスティコース、キングスバーンズコースの3コースで開幕した。世界各国からトッププレーヤーが集結、世界ランキング1位のビジェイ・シン、同2位のエルスも出場し大会は大いに盛り上がっている。

9月に3勝を挙げ絶好調で欧州に乗り込んできたビジェイは、キングスバーンズコースをラウンド。順調にバーディを積み重ね、5バーディ1ボギーの11位タイで初日を終えた。

<< 下に続く >>

そして、先週「WGC アメリカンエキスプレス選手権」で優勝したエルスは、キングスバーンズコースをプレー。パーオン率94%を誇る正確なショットで危なげないゴルフを披露し、4バーディノーボギーの11位タイ。初日はビジェイと並び互角の戦いを見せている。

アーニー・エルス(4アンダー、11位タイ)
「ビジェイは努力家だし、いま絶好調だ。今週は試合に集中するだけで大変だからね。彼もまだ俺を意識していないだろうし、俺もビジェイを意識したりしていないよ。まずは毎日のプレーに集中、最終日の午後になってから必要なら意識するよ」(ザ・ゴルフ・チャンネル)

ビジェイ・シン(4アンダー、11位タイ)
「終えてみて同じスコアだったって知ったよ。今週は3つのコースでプレーするから、まずはその3コース全てが終わってみないとなんとも言えないよ」(ザ・ゴルフ・チャンネル)

一方、初日単独首位に立ったのは、グレーム・マクダウェル。オールドコースをラウンドし、10バーディノーボギーの完璧なゴルフを披露した。また3打差で追う2位には、ピーター・ロナード、デビッド・ハウエル、ジェームス・キングストン、レティーフ・グーセンが並び混戦模様となった。

そのほか、イングランド若手成長株のルーク・ドナルドは、6アンダーの6位タイ発進。地元の期待を背負うコリン・モンゴメリーは4アンダー11位タイと上々のスタートを切った。昨年の覇者リー・ウェストウッドは、1アンダー68位タイでパドレイグ・ハリントンと並び出遅れている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ダンヒル・リンクス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!