2017/07/31全英シニアオープン

ランガーが史上最多のシニアメジャー10勝目

・ニクラスと並び、同一年のメジャー勝利数で最多を記録した。 通算1アンダーの2位にコーリー・ペイビン。通算イーブンパーの3位にビリー・アンドレード、フレッド・カプルス、ピーターロナード(オーストラリア)が入った。 日本から出場した井戸木鴻樹は通算20オーバーの116位で予選落ちした。
2014/02/28PGAコラム

ベアトラップ基礎知識

・キャンベル:3アンダー(14ラウンド) アーロン・オーバーホル:2アンダー(8ラウンド) ケニー・ペリー:2アンダー(14ラウンド) カイル・スタンリー:2アンダー(10ラウンド) ピーター
2011/07/17バイキングクラシック

バーディ合戦の首位争い! C.カークが単独首位に浮上

、カークは18番をきっちりバーディで締めくくり単独首位に立った。 首位と1打差の17アンダー2位タイには、韓国のカン、D.J.トラハン、ジョージ・マクニール、ピーターロナードの4選手が並んだ。カンはこの日
2011/07/15バイキングクラシック

首位タイは6人が並ぶ大混戦!今田は83位タイでスタート

)、ピーターロナード(オーストラリア)、カン・ソンフン(韓国)、ボビー・ゲイツら6選手が並ぶ大混戦となっている。 6アンダーの7位タイにはトム・パーニスJr、ハンター・ハース、チェズ・リービー、トロイ
2009/04/21チューリッヒクラシック

今年も新たなスターが生まれるか!?

・ロメロ(アルゼンチン)が通算13アンダーとし、米ツアー初勝利を遂げている。 ディフェンディングチャンピオンのロメロをはじめ、昨年単独2位のピーターロナード(オーストラリア)、そして今季1勝を挙げているニック・ワトニー、マイケル・ブラッドリーといった選手が出場を予定している。
2008/04/01マスターズ

「マスターズ」出場権争いも大詰め! 今年もドラマが…

■出場権を獲得したピーター・レナード ピーターロナードは、先週の「チューリッヒクラシック」の72ホール目に1.5メートルのパーパットを沈め、単独2位につけて66万9千ドルを獲得。世界ランキングでは
2008/03/31チューリッヒクラシック

A.ロメロが米ツアー初勝利! 丸山茂樹は失速して50位タイ

繰り広げられた激戦を乗り越え、最後に笑ったのはロメロだった。最終ラウンドを2位タイでスタートしたロメロは、同じく2位タイスタートのピーターロナード(オーストラリア)、ウッディ・オースティン、ニコラス
2008/03/30チューリッヒクラシック

丸山茂樹首位と2打差は変わらず!最終日31ホールで逆転狙う

並ぶのは、オースティン(11ホール終了)、ニコラス・トンプソン(10ホール終了)に、ブライニー・ベアード(3ホール終了)、ピーターロナード(オーストラリア・4ホール終了)の4人。最終ラウンド開始時に
2008/03/29チューリッヒクラシック

丸山茂樹が4位タイに浮上!首位はB.ベアード

連続バーディでフィニッシュ。通算8アンダーとして単独首位に立っている。ベアードと並んで2位タイからスタートしたピーターロナード(オーストラリア)は、14番まで5バーディ、ノーボギー。一時は首位を独走
2008/04/10マスターズ

豪州勢のジンクスを打ち消すのは「BOS」3人が最有力!?

9人のオージー軍団が挑戦する。昨年トーナメントリーダーで最終日を迎えたスチュアート・アップルビー。や実力者ロバート・アレンビー、安定したゴルフができるニック・オハーンやピーターロナードなどがいるが
2007/12/11

谷口徹が28位に浮上!/男子ワールドランキング

ピーターロナードロナードは世界59位まで順位を上げ、今週のオーストラリアオープンの結果次第では逆転滑り込み50位以内の可能性を残している。日本ツアーに参戦するD.スメイルが単独2位に食い込んで
2007/05/13ザ・プレーヤーズ

S.オヘアーが単独首位に! タイガーは64位タイと依然低迷

・ミケルソンが通算8アンダーで追随。続く3位タイには、この日のベストスコア「64」をマークして急浮上したジェフ・クイーニーと、ピーターロナード(オーストラリア)が通算7アンダーで追う展開となっている
2007/02/23マヤコバクラシック

F.ファンクが単独トップに立つ! 日本勢3人は出遅れる

アンダーの2位タイには、 ジョン・メリックら4人がつけ、5アンダーの6位タイにもピーターロナード(オーストラリア)ら3人が顔を揃える混戦となっている。 日本勢では、今田竜二が4バーディ、2ボギー、1
2007/02/25マヤコバクラシック

F.ファンクが単独トップに立つ! 日本勢の2人は39位タイ

・コセレス(アルゼンチン)がつけ、通算10アンダーの3位タイにピーターロナード(オーストラリア)とキャメロン・ベックマンが続く展開。 日本勢として本戦へ駒を進めている、今田竜二と丸山大輔の2人は、ともに思うようにスコアを伸ばせず、通算2アンダーの39位タイに並んでいる。