ニュース

米国男子84 ランバークラシック of ペンシルベニアの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 84 ランバークラシック of ペンシルベニア
期間:09/18〜09/21 場所:ネマコリンウッドラウンズリゾート&スパ(ペンシルバニア州)

ランキング200位以下の選手が上位を独占!!

米国男子ツアーの第37戦『84ランバークラシックofペンシルベニア』が、ペンシルベニア州のネマコリンウッドラウンズリゾート&スパにあるマイスティックロックGCで開幕した。

今週はランキング上位勢の欠場が目立ち、30位以内で出場しているのはたったの4人しかいない。したがって普段日の目を見ない選手にとっては願ってもないチャンス。ところが初日は多くの選手が好スコアをマークし、リーダーボードを見るとトッププロが並んでいるようだ。

<< 下に続く >>

首位に立ったのはケビン・コールズとドニー・ハモンズの2人。ボギーを叩かず、バーディを6つ奪った2人が試合をリードしている。コールズはドライバーの飛距離が他の選手比べ少し劣っているが、その分コントロールは抜群。今シーズンのフェアウェイキープ率は9位に入っており。この日もフェアウェイを捕えられなかったのは1ホールだけだった。

首位と1打差の6アンダーには、グラント・ウェイト、マイク・スタンドリーなど3人が並んでいる。首位から3位までの5人で賞金ランキング200位以内につけているのはハモンドだけ。他の4人は試合にすら出場する機会が少ない選手たちだ。

5アンダー6位には、ルーク・ドナルドジェリー・ケリーなど14人が並ぶ大混戦。さらに1打差の4アンダー20位も16人という状態になっている。この16人の中に日本の丸山茂樹田中秀道が含まれている。4位、5位と2週連続で好成績を残した田中は、疲れも見せず5バーディ、1ボギーの健闘。ランキング上位の少ない試合で、夢の初優勝が狙ってもらいたい。

先週は予選落ちし、ゆっくり休養も取れた丸山茂樹も5バーディ、1ボギーと調子を取り戻している。ここ数週間、日本選手の主役は田中がつかんでいるが、ここら辺で実力を出し、ツアー3勝目も狙いたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 84 ランバークラシック of ペンシルベニア




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!