ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

スナイパーV&G、かっ飛びデビュー

カタナゴルフは先頃、2012年モデル『SWORD SNIPER V(スウォード・スナイパー・ブイ)』ドライバーと『同G』ドライバーを発売した。価格は両モデルともに10万2900円(税込)。

『スナイパーV』ドライバーは、5ウエイト駆動機構でエネルギー伝達効果を向上させたもの。ゆっくり振っても思いっきり振ってもヘッド軌道がブレにくい。振り抜けるからヘッドの質量を最大限に利用でき、パワーロスなくボール初速を上げられるというモデルだ。

<< 下に続く >>

一方の『同G』ドライバーは、5ウェイト駆動機構搭載の『SNIPER V』の飛距離性能に、グースならではのボールの捉まりのよさを兼ね備えたもの。レイトヒットでタメが作りやすいからヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びるという。

実際に同モデルをテストした永井延宏プロは、

「『V』は、後ろのウェイトがインパクトでドーンとボールを押すので、ボール初速はかなり速い。また、シャフトの手元がほどよくしっかりしているので、トップからダウンへの切り替えしがスムーズです。それに先端はスピード感がある。フィーリングがつかみやすくてクラブの操作性もかなり高いですよ」

さらに、『G』については、

「見た目のオフセット感が強いですね。いやぁ、これはどう打っても右にプッシュしませんよ。一般的にこの類のクラブは左に引っかけやすいのですが、後ろにウェイトがあってスイートエリアも広いからインパクトでヘッドが返らない。だから極端な引っかけが出ません。上手くバランスを考えて作っていますね」

両モデルともに、スライスで悩んでいる、キャリーが出ないで飛距離不足を解消したいゴルファーにオススメという。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!