ニュース

米国男子ベルカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

PGAツアー「ベル・カナディアン・オープン」初日

カナダのアンガスグレンGCで開催、初開催1904年とメジャーを除くPGAツアー第2に歴史のある大会「ベル・カナディアン オープン」の初日。地元の英雄マイク・ウィアは、最終ホールのバーディパットを外したものの、上がり5ホール中4連続バーディ(69)でスタート。同じく上がり4ホールを連続バーディ(69)でフィニッシュしたのが、パターを新調した成果がでてご機嫌のイェスパー・パーネビック

首位にたったのは、2000年にタイガーに次いで2位に終わったグラント・ウェイト。初日(64)のダントツ8アンダーで単独首位。このウェイトは、なにかとこの大会で話題にあがる人物。タイガー相手に好成績を収めたかと思えば、2001年の初日は寝坊でティオフの時間に大遅刻。いきなり初日にディスクオリファイ、失格となった。

◇初日の結果
首位(-8・64):グラント・ウェイト
2位タイ(-6・66):パーユリック・ヨハンソン、ビリー・アンドレード、ニール・ランカスター、グレッグ・シャルマース
6位タイ(-5・67):ビジェイ・シン、ローリ・サバティーニ

◇注目の選手
(-3・69):ジャスティン・レナードイェスパー・パーネビックマイク・ウィア
(-2・70):スチューアト・シンク、ジーン・サワーズ
(+1・73):ハル・サットン
(+2・74):スコット・バープランク

関連リンク

2002年 ベルカナディアンオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~