2013/05/24全米シニアプロ選手権

室田淳 シニアメジャーで首位と1打差、3位タイの好発進!

、室田淳、尾崎直道、高見和宏の4選手が出場している。その初日、室田が4アンダーの「66」をマークして、3位タイの好発進を切った。 前半は2つのバーディを先行させた室田だったが、6番(パー3)の
2016/07/31マルハンカップ 太平洋クラブシニア

マークセンがシニア初勝利 鈴木亨は後退4位

高見和宏が入った。マークセンと同じくシニア1年目の鈴木亨は初日を終えて単独首位だったが、後半の3ボギーが響いて「71」。通算9アンダーで高橋勝成、尾崎直道と並び4位だった。
2016/11/09福岡シニアオープン

高見和弘が首位発進 1打差に56歳の加藤仁

◇国内シニア◇福岡シニアオープンゴルフトーナメント 初日(9日)◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県) 5バーディ、ボギーなしの「67」で回った高見和宏が5アンダーで単独首位に立った。スタート
2012/10/05第51回日本プロゴルフシニア選手権大会

室田が首位浮上!飯合、健夫も急浮上

7アンダーでホールアウト。2位に2打差をつけている。 通算5アンダー単独2位は、この日5バーディ、1ボギーと4ストローク伸ばした飯合肇。1打差の通算4アンダー3位タイには尾崎健夫、高見和宏、湯原信光
2013/09/12コマツオープン2013

水巻、白浜らが首位発進 井戸木は34位T

豊ほか、真板潔の2選手。4アンダーの6位タイには加瀬秀樹、高見和宏、福沢孝秋、小嶋光康の4選手が続いた。 そのほか、昨年覇者の尾崎直道は1アンダーの26位タイ、国内シニア「ファンケル-」終了後、約3週
2016/11/10福岡シニアオープン

水巻善典がシニア2勝目 前日には長文ブログも

させる(?)締めくくりで綴っていた。 1打差の通算5アンダー2位には、賞金ランク2位の崎山武志と前日首位の高見和宏。さらに1打差で渡辺司と清水洋一が4位に入った。
2014/08/24ファンケルクラシック

羽川豊が混戦抜け出し大会連覇!ツアー通算3勝目

マーク。通算7アンダーで混戦を抜け出し、今季初勝利を大会連覇の快挙で飾った。 同じく首位から出た高見和宏が一時は後続に3打差をつける立ち上がりで、独走かと思われたが、14番のダブルボギーで失速。中盤から
2016/09/09コマツオープン2016

羽川豊がホールインワンで首位マークセンを急追

伸ばした羽川豊が浮上した。さらに1打差の3位に高見和宏、高松厚が並ぶ。 賞金ランクトップの崎山武志も5バーディの「67」で通算7アンダーとし7位に浮上。同ランク2位の室田淳は、井戸木鴻樹らとともに通算5アンダー13位で最終日…
2013/08/16ファンケルクラシック

首位にルアンキット 井戸木鴻樹は15位発進

人。4アンダーの4位に川瀬順次と川上典一。大会連覇を狙う高見和宏は、2アンダーの8位とまずまずの滑り出し。先週、海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」に出場した井戸木鴻樹は、尾崎直道、倉本昌弘らと並び1アンダーの15位に続いた…
2010/11/05

シニアで首位タイ!芹澤信雄に「秋だけど春が来た?」

、真板潔、高見和宏、加瀬秀樹がすでにルーキーとして1勝ずつしている。同じルーキーの芹澤としては焦る気持ちが強くなっていたが、楽しむというテーマに切り替えたことで、ここまでは好成績を出している。果たして最終日も焦る気持ちを抑え…
2016/07/30マルハンカップ 太平洋クラブシニア

シニア入りから2カ月 鈴木亨が単独首位発進

鈴木亨が8アンダーとし、2日間競技を単独トップで折り返した。鈴木はことし5月28日に50歳の誕生日を迎えてシニア入り。ツアー参戦3試合目での初優勝に王手をかけた。 首位に3打差の2位に高見和宏と前年度
2014/06/04日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

日本プロゴルフ協会が誇る“中年バンド”現わる

-60」と背中にプリントされたポロシャツを着た数人が現れた。 そのメンバーは高見和宏(司会)、加瀬秀樹(ボーカル)、奥田靖己(ギター)、中西信正(ギター)、高松厚(ドラム)、崎山武志(タンバリン)とシニア
2013/08/17ファンケルクラシック

キム・ジョンドクが「66」、首位タイに浮上!

・ルアンキット(タイ)。通算5アンダーの4位タイに、加瀬秀樹、比嘉勉、渡辺司の3人。4アンダー7位タイに、井戸木鴻樹、フランキー・ミノザ(フィリピン)らが続く。昨年覇者の高見和宏は、通算2オーバーの35位タイで2日目を終えた…
2014/06/24ISPS・HANDA CUP・フィランスロピーシニアトーナメント

今年から3日間競技へ 井戸木鴻樹が今季国内3戦目

2,300万円から5,000万円に倍増となり、その規模を大きく拡大させての実施となる。 昨年大会は、シニア4年目の東聡が後続に3打差をつけての完勝で同ツアー初勝利。2位に湯原信光、3位に高見和宏らが
2013/09/13コマツオープン2013

奥田、真板、水巻が首位タイで最終日へ

とすれば、水巻善典、真板潔も最終18番でバーディを奪い3人が首位で並んだ。水巻は2日間首位をキープしているが、上位は混戦のまま14日(土)の最終日を迎える。 通算7アンダーの2位タイには加瀬秀樹、高見
2012/10/04第51回日本プロゴルフシニア選手権大会

室田、湯原が首位と2打差の好発進! 首位は福沢と井上

」の初日、4アンダーの「68」をマークした福沢孝秋、井上久雄の2選手が首位タイに並んでいる。 首位と1打差の3アンダー、3位タイには今季1勝を挙げている高見和宏ほか、植田浩史、白浜育男、古木譲二
2011/08/18ファンケルクラシック

熟練の技で魅せる!国内シニアツアー第2戦が今週開幕!

)のビッグトーナメントで、往年の名プレーヤー達が集結する。 昨年の大会では、シニアルーキーで参戦した高見和宏が、歴代大会で連覇を果たしている尾崎健夫、室田淳らの強者を退け、後続に5打差をつける圧勝で