ニュース

国内シニアノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

グレゴリー・マイヤーが4年ぶりシニア2勝目

◇国内シニア◇ノジマチャンピオンカップ 箱根シニア 最終日(20日)◇箱根カントリー倶楽部(神奈川)◇7056yd(パー72)

首位タイから出た56歳のグレゴリー・マイヤーが「66」でプレーし、通算12アンダーとして、2014年8月以来のシニアツアー2勝目を挙げた。

通算8アンダーの2位に室田淳キム・ジョンドク(韓国)。通算7アンダーの4位に首位タイでスタートした高見和宏と杉山直也が入った。

今年から国内シニアツアーに参戦するアジアンツアー18勝のタワン・ウィラチャン(タイ)が通算6アンダーの6位で続いた。

川岸良兼倉本昌弘は通算3アンダーの18位。シニアデビュー戦の小達敏昭は通算1アンダーの28位で終えた。

関連リンク

2018年 ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~