ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「勝ちにいくというようりも…」イ・ボミは4打差とらえる

国内女子ツアー「ニトリレディス」でイ・ボミ(韓国)が通算7アンダーで鈴木愛と並び、首位で最終日を迎える。快晴でグリーンが速くなった難コースで、7バーディを量産した。序盤のダブルボギーのミスを補い、4打差のビハインドを追いついた。

ムービングデーの主役はイだった。2番では「ショットミスです」と池に入れた。5番からショットがピンをとらえ始め、3連続バーディを奪った。その後もバーディを量産した。16番は3日連続でボギーとなったが「清水さん(キャディ)とパー5だと思おう」と、落胆は小さかった。

コースは、前年覇者の絶対女王ですら朝起きて「あぁ、またきょうも回るのか」と気落ちするほどの難度。さらに、ツアー最速での20勝(ツアー制度施行後)など記録へのプレッシャーもあり「勝ちにいくというより、アンダーパーで回れたら嬉しい」と心境を吐露した。(北海道小樽市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ニトリレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。