2011/10/07皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会

三好、キムが首位タイ!青木、中嶋も予選突破

(タイ)、通算4アンダーの4位タイには、友利勝良、グレゴリー・マイヤー(アメリカ)、永井友之、草野忠重ら4選手が並んだ。 予選通過は通算3オーバーの53位タイまで。尾崎健夫は2オーバーの47位タイ、青木功、飯合肇が3オーバーの53位タイで決勝ラウンドに駒を進めている。
2011/10/06皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会

三好が単独首位!倉本がシニアで快挙達成!

研究心を生むんですよ。ゴルフってこれで終わりということではないんです」と、悔しさをバネに今季初勝利を目指す。 首位と1打差の6アンダー単独2位は真板潔。さらに1打差の5アンダー3位に友利勝良と草野忠重
2011/09/10コマツオープン2011

F.ミノザがプレーオフでツアー初優勝!

打差の通算8アンダー5位タイには、倉本昌弘、高見和宏、金鐘徳、友利勝良の4人となった。 また、大会初日に「69」のエージシュートを達成した青木功は、最終日に「80」とスコアを崩し、通算6オーバーの49位タイで3日間の戦いを終えた。
2011/09/09コマツオープン2011

東「気持ちが緩んだ連続ボギー」も、首位タイをキープ!

首位に浮上。さらにミノザも5バーディ、1ボギーと4ストローク伸ばして東を捕らえた。 首位と2打差、通算6アンダー単独4位には山本善隆、通算5アンダーの5位タイには、湯原信光、キム・ジョンドク、友利勝良
2011/09/08コマツオープン2011

青木功がエージシュート!首位は東ら3人

、4アンダー5位タイには山本善隆、冨永浩、フランキー・ミノザ(フィリピン)の3人。そして、3アンダー8位タイグループに青木功、友利勝良、渡辺司、三好隆、白浜育男の4人が並んでいる。 青木功は8月に69
2011/07/07トータルエネルギーカップPGAフィランスロピーシニアトーナメント

欧州ツアーで戦う友利、3位タイ浮上で明日最終組に

埼玉県の森林公園ゴルフ倶楽部で開催されている、国内シニアツアー「トータルエネルギーCUP PGAフィランスロピーシニアトーナメント」の2日目。芹澤信雄、尾崎健夫と一組目でラウンドした友利勝良が、7
2011/07/07トータルエネルギーカップPGAフィランスロピーシニアトーナメント

佐藤が単独首位をキープ!尾崎健夫は予選落ち

て通算8アンダー、単独首位をキープしている。 2打差の2位に続くのは高見和宏。通算5アンダーの3位タイには、ホストプロの白浜育男が浮上したほか、友利勝良、湯原信光など5人が並び、続く通算4アンダーの8
2010/11/06

芹澤が10年ぶり、シニアでは1年目での初優勝!!

千葉県の平川カントリークラブで開催されている、国内男子のシニアツアー第9戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の最終日。通算6アンダーの首位タイでスタートした芹澤信雄が、4バー...
2010/07/23全英シニアオープン

B.ランガーら3人が首位に並ぶ!日本勢は苦戦

どうやって追い上げるか注目だ。気になる日本勢は、奥田靖己と渡辺司が3オーバー、45位タイで最高位。高見和宏は5オーバー、85位タイ。友利勝良、芹澤信雄、加瀬秀樹の3人は6オーバー、105位タイと苦しいスタートになっている。なお、青木功は5オーバーでホールアウトしたが、失格となっている。
2010/05/30全米シニアプロ選手権

尾崎直道は30位、友利は74位で最終日へ

。予選通過を果たした尾崎直道は通算4オーバー、30位タイに後退。友利勝良は「78」と苦しみ、74位タイに後退している。最終日の奮起に期待したい。
2010/05/29全米シニアプロ選手権

F.カプルスが首位に浮上! 尾崎と友利が決勝ラウンドへ!

位タイに後退。前回覇者のマイケル・アレンは、通算1アンダー、12位タイのまま。日本勢は尾崎直道がスコアをキープして通算2オーバー、22位タイに浮上。友利勝良もイーブンでしのぎ、45位タイに順位を上げて
2010/05/28全米シニアプロ選手権

B.ランガーら首位タイ!日本勢は渡辺司の21位が最高位

制したマイケル・アレンは、1アンダーで、12位タイと上々のスタートを切った。 5人が出場している日本勢は、渡辺司がイーブンパーの21位タイで最高位。尾崎直道は2オーバー、43位タイ、友利勝良は91位タイ。尾崎建夫と飯合肇が110位タイで並んでいる。明日の日本勢の巻き返しに期待したい。
2010/05/25全米シニアプロ選手権

米国シニアのメジャー初戦! 5人の日本勢の活躍に注目!

。 今年も大会連覇を狙うアレンをはじめ、フレッド・カプルス、ベルンハルト・ランガー、マーク・オメーラ、トム・ワトソンといった強豪が参戦予定。さらに、日本勢も尾崎直道、尾崎建夫、飯合肇、友利勝良、渡辺司の5名が参戦する。錚々たるメンバーの中での日本勢の活躍に期待したい。