ニュース

国内シニア皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

三好が単独首位!倉本がシニアで快挙達成!

国内シニアツアー第6戦「皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会」が、兵庫県にあるジャパンメモリアルゴルフクラブで開幕。シニアツアーの公式戦として4日間での戦いとなるが、その初日に三好隆が7アンダーをマークして単独首位に立った。

今季は9月の「コマツオープン」でプレーオフに進みながらも2位に終わった三好。「プレーオフで敗れた時はね、そりゃ悔しかったよ。だけどね、そのときの下手だったという悔しさが研究心を生むんですよ。ゴルフってこれで終わりということではないんです」と、悔しさをバネに今季初勝利を目指す。

首位と1打差の6アンダー単独2位は真板潔。さらに1打差の5アンダー3位に友利勝良と草野忠重。4アンダー5位には佐藤剛平、金鐘徳など4人が並んでいる。そして、3アンダー9位タイにつける倉本昌弘が、アルバトロスを達成した。

511ヤードの7番パー5、6番アイアンを手にした倉本は、残り200ヤードの第2打目を直接カップインさせた。「手前10ヤードくらいから転がって入った感じ。ギャラリーが少なかったから、歓声も小さかったしね」と至って冷静だ。

それもそのはず、倉本は学生時代に1回、そしてプロになってからは1992年に男子ツアーの「三菱ギャラン」で1回、さらに翌年には米国男子ツアーでもアルバトロスを記録し、これが自身4度目となる。

その他の注目選手では、中嶋常幸が2アンダー16位タイとまずまずのスタート。一方、青木功は、2オーバーの70位タイと少し出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!