ニュース

国内シニアコマツオープン2011の最新ゴルフニュースをお届け

F.ミノザがプレーオフでツアー初優勝!

石川県の小松カントリークラブで開催されている、国内シニアツアー第4戦「コマツオープン」の最終日。通算8アンダー首位タイからスタートしたフィリピンのフランキー・ミノザと同じく首位タイスタートの三好隆が、通算10アンダーでホールアウトし、プレーオフが行われた。

18番で行われたプレーオフの1ホール目は両者譲らずバーディを奪い合う。そして2ホール目もバーディとしたミノザに対し三好はパー。今季からシニアツアーに参戦するミノザが3試合目で本領を発揮。47歳でレギュラーツアー優勝を果たすなど、衰えを知らぬフィリピンの英雄は、現在米国チャンピオンズツアーにも参戦している。

「米国まで13時間半の移動を考えたら、日本へは3時間半で来られる。日本は食べるものもおいしいからね。アメリカでやるのも一つの目標だが、今後どうするかはいま考え中です」。日本のシニアを主戦場とするならば、今季の賞金王有力候補になりそうだ。

そして1打足りずにプレーオフに加われず3位タイとなったのは、白浜育男東聡の2人。白浜は最終日に7ストローク伸ばしたが「あと1日あればな・・・」と語るが、あと一歩で2週連続優勝を逃した。さらに1打差の通算8アンダー5位タイには、倉本昌弘高見和宏、金鐘徳、友利勝良の4人となった。

また、大会初日に「69」のエージシュートを達成した青木功は、最終日に「80」とスコアを崩し、通算6オーバーの49位タイで3日間の戦いを終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 コマツオープン2011




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。