ニュース

国内シニア皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

三好、キムが首位タイ!青木、中嶋も予選突破

兵庫県にあるジャパンメモリアルゴルフクラブで開催されている、国内シニアツアー第6戦「皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会」の2日目。7アンダーの単独首位からスタートした三好隆は、この日2ストローク伸ばして首位を死守するも、3打差を追うキム・ジョンドク(韓国)に追いつかれ、通算9アンダーで首位タイに並んでいる。

初日はパットの調子がいまひとつだったと振り返ったキムは、「パターがだめだったので、構えをオールドスタイルに変えたら“26パット”と改善された」とタッチも合ってきた。
先週は韓国シニアツアーの大会「京畿道シニアマスターズ」で初優勝を飾り、良い流れをキープして臨んだ今大会。勝者には「全英シニアオープン」の出場権が付与される。かねてからチャンピオンズツアーへの参戦を視野に入れているキムにとって、今週はその出場権を賭けた第一歩となる。

時折突風が吹き荒れた第2ラウンドは、風が三好の行く手を阻んだ。後半14番で、セカンドショットの風を読み違えて池に入れるトラブル、続く16番でも、フォローと読んだ風はアゲンスト。「風が難しいよね。そう思ってスタートしていったけど、最悪だよ。まるで1人相撲」と肩を落とした。それでもアンダーパーでのラウンドにはまずまずの納得の表情を浮かべ、「明日はやり直します!」と気合いを入れ直した。

首位と4打差の通算5アンダー、単独3位にはブーンチュ・ルアンキット(タイ)、通算4アンダーの4位タイには、友利勝良グレゴリー・マイヤー(アメリカ)、永井友之、草野忠重ら4選手が並んだ。

予選通過は通算3オーバーの53位タイまで。尾崎健夫は2オーバーの47位タイ、青木功飯合肇が3オーバーの53位タイで決勝ラウンドに駒を進めている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!