2013/12/21ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼は3組目、藤田寛之は重圧かかる終盤組/最終日組み合せ

(スペイン) <第6試合 11:55> 呉阿順(中国) VS トービヨン・オルセン(デンマーク) <第7試合 12:05> 藤田寛之(日本) VS ベルント・ウィスバーガー(オーストリア) <第8試合 12:15> リャンウェンチョン(中国) VS ニコラス・コルサーツ(ベルギー)
2013/07/26ヨーロピアンツアー公式

ダイソンのスコアカードには一点の曇りもなし

トップ30入りを果たしていたダイソンだが、今季は164位に大きく順位を下げている。しかし今大会初日をスコア「67」で回った彼はスウェーデンのリカルド・カールバーグ、そして中国のリャンウェンチョンと共に
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼&藤田寛之組も勝利!アジア選抜が2ptsリード

試合で危なげなく試合を運び、アルバロ・キロス(スペイン)&トービヨン・オルセン(デンマーク)組を下した。リャンウェンチョン&呉阿順の地元中国ペアで臨んだ第4試合は、デービッド・ハウエル(イングランド
2014/05/02中日クラウンズ

松村道央が停滞 キム・ヒョンソンと首位で並ぶ 石川遼4位浮上

、小田孔明、藤本佳則、キム・キョンテ(韓国)、リャンウェンチョン(中国)が控えている。 前週の「つるやオープンゴルフトーナメント」で今季初勝利を挙げた藤田寛之はこの2日目に5ストローク落として6オーバーで予選落ち。池田勇太も8オーバーで決勝ラウンド進出を逃した。
2013/06/10ヨーロピアンツアー公式

ダイヤモンドCCで一番の輝きを放ったルイテン

タイのリャンウェンチョン(中国)とロマイン・ワテル(フランス)がそれに続いた。 27歳のルイテンは3打差でこの日をスタートしたがオープニングホールで3パットを叩き同組のホルヘ・カンピーロ(スペイン)が
2014/04/22ボルボ中国オープン

小林正則、川村昌弘が参戦!中国で欧州ツアー開催

も、8位に入ったパブロ・ララサバルも出場を予定している。 そして、今週も日本から小林正則と川村昌弘が出場する。先週は川村が13位に入り、小林は予選落ちに終わった。 また、開催国の中国からは、リャン
2014/04/22ボルボ中国オープン

小林正則、川村昌弘が今週も参戦!中国で欧州ツアー開催

も、8位に入ったパブロ・ララサバルも出場を予定している。 そして、今週も日本から小林正則と川村昌弘が出場する。先週は川村が13位に入り、小林は予選落ちに終わった。 また、開催国の中国からは、リャン
2013/12/21ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜が2ptsリードで最終日へ 日本ペアは敗北

。こちらも同じ対決となった2組目では、リャンウェンチョンと呉阿順が、デビッド・ハウエル(イングランド)とマーク・ウォーレン(スコットランド)を相手にオールスクエアに持ち込み、0.5ポイントを分け合った
2013/10/15ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼がロイヤルトロフィに出場決定

年連続での出場となる。 今年アジアのキャプテンを務めるのは韓国のY.E.ヤン。副キャプテンには中国の張連偉がつき、選手では藤田寛之、松山英樹、キム・キョンテ(韓国)、リャンウェンチョン(中国)らが
2013/11/19ISPSハンダ W杯ゴルフ

五輪前哨戦!好調の谷原秀人&石川遼が日の丸を背負う

優勝は“至上命令”とも言えそうだ。 韓国(ベ・サンムン、チェ・キョンジュ)や中国(リャンウェンチョン、呉阿順)、タイ(プラヤド・マークセン、キラデク・アフィバーンラト)など、アジアからの代表選手には
2013/07/29M2M ロシアンマスターズ

M.ホーイが逃げ切って欧州ツアー5勝目

3位にはデンマークのJB.ハンセン。通算10アンダー5位タイには最終日のベストスコアとなる6アンダー「66」をマークしたリャンウェンチョン(中国)とグレゴリー・アブレ(フランス)、マーク
2013/09/03

藤田寛之がアジア選抜に初選出/ザ・ロイヤルトロフィ

ことは非常に特別な瞬間です」(抜粋)とコメントしている。 ※現在、決定しているアジア選抜メンバー ・キャプテン/Y.E.ヤン ・副キャプテン/張連偉 ・選手/松山英樹、リャンウェンチョン、キム・キョンテ、藤田寛之
2013/09/22ANAオープンゴルフトーナメント

小田孔明が逃げ切り、2季ぶり通算6勝目! 松山英樹は18位

・キョンフン(韓国)。通算10アンダーの4位に、今野康晴、手嶋多一、片岡大育、リャンウェンチョン(中国)、キム・ヒョンソン(韓国)の5人が続いた。2位から出た前年覇者の藤田寛之は、後半に崩れて「74」と2つ
2013/08/26

松山英樹も出場 ザ・ロイヤルトロフィにキョンテらを追加

アジアチームに、中韓から新メンバー3人を追加したと発表した。キム・キョンテ(韓国)とリャンウェンチョン(中国)の2人が選手として選ばれ、プレーしない副キャプテンとして地元の英雄、張連偉(中国)に白羽の矢
2012/07/06GDOEYE

梁津萬って誰?ご存知リャン・ウェンチョンです

、スーパールーキーでもない。2007年のアジアンツアー賞金王、10年ワンアジアツアー賞金王のリャンウェンチョン。日本ツアーでの勝利こそ無いが、04年から本格参戦しており、現在は世界を飛び回る中国の名手だ
2013/09/29アジアパシフィック パナソニックオープン

20歳の川村昌弘が逆転でツアー初優勝!

のトリプルボギー。しかし、13番から3連続バーディを奪って、2009年「全米プロ」覇者の意地を見せて3位に食い込んだ。 日本勢で川村に続いたのは通算5アンダーの貞方章男で、B.ケネディ(オーストラリア)、リャンウェンチョン(中国)と並び4位。初日トップの片山晋呉は、通算3オーバーの27位に終わった。