最近のニュース 新着一覧≫


2021/05/08カナリア諸島選手権

川村昌弘がホールインワン 46位で決勝へ

。 2週前のカナリア諸島シリーズ初戦でツアー2勝目を挙げたガリック・ヒーゴ(南アフリカ)が「63」をマークし、首位と1打差の通算13アンダー2位に浮上した。 初日74位の川村昌弘は前半7番(パー3)で
2021/05/05カナリア諸島選手権

カナリアシリーズ3戦目 川村昌弘が参戦

、6857ydから6816ydに変更される。 前週28位の川村昌弘が引き続き日本勢でただ一人、参戦する。前週3日目に「64」をたたき出したイメージで好プレーを期待したいところ。 フィールドには2週連続優勝を
2021/05/06旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.111 カナリア諸島編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・27歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2021/06/04旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.113 ドイツ編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・27歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2021/04/14オーストリアオープン

川村昌弘がオーストリアで3週ぶり参戦

・ハーディング(南アフリカ)、ニコラス・コルサーツ(ベルギー)、カート・キタヤマ(米国)、呉阿順(中国)ら優勝経験者が参戦する。 日本からは川村昌弘が3週ぶりに出場する。
2021/06/08ヨーロピアンオープン

アーミテージが初優勝 川村昌弘は29位

(イングランド)は19位で出て「68」で回り、通算4アンダー6位だった。 46位から出た川村昌弘は3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。通算1オーバー29位で終えた。 大会はコロナ禍でのドイツ入国規制などにより、前週土曜に…
2021/05/26メイド・イン・ヒマーランド

欧州ツアーはデンマークへ 川村昌弘が出場

ベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)が逃げ切ってツアー5勝目を挙げた。 フィールドには大会連覇がかかるヴィースベルガー、ツアー2勝のアーロン・ライ、同3勝のブランドン・ストーンらが名を連ねた。 川村昌弘は予選落ちに終わ…
2021/05/12旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.112 イングランド編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・27歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2021/04/22旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.110 カナリア諸島編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・27歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2021/06/07ヨーロピアンオープン

川村昌弘は46位で最終日へ

川村昌弘は6バーディ、1ボギー1トリプルボギーの「70」でプレーし、通算2オーバーの46位で最終ラウンドに進んだ。
2021/05/14英国マスターズ

首位に3人の混戦 川村昌弘は予選落ち

(フランス)が1打差の6アンダーで追う。 大会ホストのダニー・ウィレット(イングランド)は通算3アンダーの16位。 川村昌弘は3バーディ、4ボギー2ダブルボギーの「77」と崩れ、通算5オーバーの109位で予選落ちした。
2021/06/10旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.114 スウェーデン編

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・27歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で
2021/06/09スカンジナビア・ミックス

男女混合大会にソレンスタム参戦 川村昌弘が出場

両ツアーとも公式ポイントがかかる。 男子のみが参加した前回2019年大会はエリック・ファンローエン(南アフリカ)が通算19アンダーで逃げ切ってツアー初優勝をあげた。ファンローエンは今大会不在。日本勢は川村昌弘が参加する。
2021/05/09カナリア諸島選手権

川村昌弘は37位で最終日へ

)。17アンダー3位でカルム・ヒルが続いた。 46位で出た川村昌弘は4バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算9アンダー37位で最終日を迎える。
2021/04/16オーストリアオープン

川村昌弘はダブルパー含む「76」 首位にカニサレス

。マティアス・シュワブが1アンダー20位で地元オーストリア勢を牽引している。 3週ぶり出場の川村昌弘は12番でダブルパーの「8」をたたき、バーディとボギーを2つずつ。「76」で4オーバーの90位と出遅れた。