ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

20歳の川村昌弘が逆転でツアー初優勝!

◇国内男子◇アジアパシフィックゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン最終日◇茨木カンツリー倶楽部(大阪府)◇7,328ヤード(パー71)

連続バーディあり、ボギーありとスコアが目まぐるしく動いた最終日、通算9アンダーで勝利をつかんだのはツアー2年目の川村昌弘だった。2番から連続バーディを奪った川村だが続く4番からは連続ボギーを叩くなど、前半の段階では優勝争いから一時脱落。しかし、後半の10番でバーディを奪って立ち直り、優勝戦線に戻った終盤は17番、18番と上がり2ホールの連続バーディで逆転に成功した。20歳3か月4日で初優勝は石川遼ハン・ジュンゴン松山英樹ドンファンに次ぐツアー史上5番目の年少記録だった。

1打差の通算8アンダー2位は韓国のS.J.パク。7アンダー単独首位でスタートしたパクは、15番までに3ストローク伸ばして優勝間近だった。しかし、16番でボギーを叩くと17番パー3でもボギーを叩き失速。最終18番パー5でバーディを奪えず川村に逆転を許した。

通算7アンダー3位は韓国のY.E.ヤン。10番で2つ目のバーディを奪い、パクに2打差まで迫っていたが、11番で痛恨のトリプルボギー。しかし、13番から3連続バーディを奪って、2009年「全米プロ」覇者の意地を見せて3位に食い込んだ。

日本勢で川村に続いたのは通算5アンダーの貞方章男で、B.ケネディ(オーストラリア)、リャン・ウェンチョン(中国)と並び4位。初日トップの片山晋呉は、通算3オーバーの27位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。