ニュース

国内男子ザ・ロイヤルトロフィの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・ロイヤルトロフィ
期間:12/20〜12/22 場所:ドラゴンレイクGC(中国)

アジア選抜が2ptsリードで最終日へ 日本ペアは敗北

◇アジア選抜vs.欧州選抜対抗戦◇ザ・ロイヤルトロフィ 2日目◇ドラゴンレイクGC(中国)

初日に続きダブルスマッチプレーで行われた2日目は、それぞれのボールをプレーして良い方のスコアを採用するフォアボール形式4試合で争われ、ともに1勝1敗2分で2ポイントずつを加算。総合ポイント5対3でアジア選抜の2ポイントリードは変わらず、明日最終日に行われるシングルスマッチプレー8試合に臨む。

<< 下に続く >>

初日と同じ対戦カードとなった1組目は、ともにタイ出身のトンチャイ・ジェイディとキラデク・アフィバーンラトが、ステファン・ギャラハーとポール・ローリーのスコットランドペアを2&1で破り、連日の勝ち点1をゲット。こちらも同じ対決となった2組目では、リャン・ウェンチョンと呉阿順が、デビッド・ハウエル(イングランド)とマーク・ウォーレン(スコットランド)を相手にオールスクエアに持ち込み、0.5ポイントを分け合った。中国ペアは2ダウンで迎えていた17番、18番を連取する驚異的な粘りをみせ、今大会初の勝ち点を獲得した。

石川遼藤田寛之の日本ペアは3組目で、ベルンド・ウィスバーガー(オーストリラ)、トービヨン・オルセン(デンマーク)と対戦。後半13番までオールスクエアと接戦が続いたが、14番、15番と連続してダウンを喫し、最終ホールを残して2&1で敗れた。4組目では、キム・キョンテキム・ヒョンソンの韓国ペアがニコラス・コルサーツ(ベルギー)とアルバロ・キロス(スペイン)の飛ばし屋コンビと対戦。終盤まで優位に進めながら上がり2ホールを連取され、引き分けに持ち込まれた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ザ・ロイヤルトロフィ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!