2018/08/11全米プロゴルフ選手権

ウッドランドが大会新「130」 ケプカは「63」のタイ記録

17番(パー5)で残り265ydの第2打を3Wでピンそば1.5mに2オンさせた。14番でカラーから“3パット”させて募っていたイライラをイーグルで解消。「(同組の)ケビン・キズナー(9アンダー暫定2位
2018/08/01ヨーロピアンツアー公式

ファイヤーストーンで注目すべき欧州勢3人

なる合計127mのパットを決めており、今週はその時のライン読みの記憶を携えてティアップする。オルセンの高バーディ率と、進歩を遂げたアプローチプレーに注目だ。 穴: ラッセル・ノックス この数週間は
2018/07/30ヨーロピアンツアー公式

マケボイが念願のヨーロピアンツアー初制覇

のマティアス・シュワブが入った。 通算7アンダーの9位タイには「マスターズ」王者のパトリック・リード、同じく「マスターズ」で優勝経験のあるシャール・シュワルツェル、スコットランドのデビッド
2018/07/30ヨーロピアンオープン

マケボイがツアー初優勝 谷原秀人は2打差5位

アンダーでツアー初優勝を遂げた。4人がトップで並んで迎えた最終18番(パー5)で6mのバーディパットを決め、プロ転向18年目で初のレギュラーツアー優勝を飾った。 1打差の2位にクリストファー
2018/07/28クラブ試打 三者三様

G400 マックス ドライバー/ヘッドスピード別試打

、叩けば叩くほどどんどんボールがまっすぐ前に飛ぶイメージを持ちました。さすが今季のマスターズ覇者パトリック・リードをはじめ、多くのトッププロが選ぶG400シリーズ(リードは「G400 LSテック
2018/07/25ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」で注目の3人

・ビヨーン率いる「ライダーカップ」欧州代表入りへ現実的なチャンスがあることは、レビにとって、今一度、この大会を自身のものとするモチベーションになることだろう。 対抗: パトリック・リード 今年はパトリック
2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

) ベルンハルト・ランガーパット・ペレス 12:00(20:00) パトリック・カントレーマイケル・キム 12:10(20:10) ルーカス・ハーバートショーン・ノリス 12:20(20:20) ルイ
2018/07/17全英オープン

日本勢は10人出場 11年ぶりカーヌスティが舞台

マット・クーチャーとのマッチレースを制して初優勝。世界ランキングトップのダスティン・ジョンソン以下、2位のジャスティン・トーマス、3位のジャスティン・ローズ(イングランド)には大会の初制覇がかかる
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレン・クラーク ベン・カーティス ジョン・デーリー デビッド・デュバル アーニー・エルス
2018/07/16ジョンディアクラシック

マイケル・キムがツアー初優勝 「全英」出場権を獲得

◇米国男子ツアー◇ジョンディアクラシック 最終日(15日)◇TPCディアラン (イリノイ州)◇7268yd(パー71) 5打リードの単独首位から出たマイケル・キムが5バーディ、ノーボギーの「66」で
2018/07/15サマンサタバサレディース

米国で味わった失意 有村智恵が復活Vを遂げるまで

有村智恵が、2012年以来6年ぶりとなるツアー通算14勝目をあげた。6バーディ、ボギーなしの「66」。1打リードの単独首位で迎えた最終18番では「入れれば勝てると思っていた」という2.5m
2018/07/15ゴルフ昔ばなし

ワトソンとファルドに見る全英攻略のカギ/ゴルフ昔ばなし

。ものすごい風と雨に選手がみな苦しんだ。ファルドは最終日にリードしてスタートするが、途中にジョン・クックに逆転されてしまう。それが15番ホールで、起死回生のバーディを奪う。それを生んだ5Iでの第2打の前
2018/07/13スコットランドオープン

松山英樹は5打差45位発進 谷原秀人&宮里優作は出遅れ

5人。前回、当地で行われた同大会を制したリッキー・ファウラーも加わった。さらに1打差の5アンダー7位タイにパトリック・リードらが並んだ。 メジャー、WGC(世界選手権)を除いて欧州ツアー今季初出場の
2018/07/11ヨーロピアンツアー公式

「スコットランドオープン」で知っておくべき5つのこと

リードに加え、共に「スコットランドオープン」で優勝経験のあるリッキー・ファウラーとフィル・ミケルソンが米国勢の先陣を切る。この3人は世界ランキングで何れもトップ20に入っている。 この他にも、米国から
2018/07/02ヨーロピアンツアー公式

ノレンがフランスでロレックスシリーズ2勝目を飾る

、そしてスウェーデンのマーカス・キンハルトが今月開催の「全英オープン」の出場権を手にした。 2打差の首位で最終日をスタートしたキンハルトだったが、この日は「76」と崩れ、世界5位のジョン・ラーム、そして
2018/06/30フランスオープン

M.キンハルトが首位浮上 谷原秀人は55位で決勝へ

◇欧州男子◇HNAフランスオープン 2日目(29日)◇ル・ゴルフ・ナショナル(フランス)◇7247yd(パー71) 15位からスタートしたマーカス・キンハルト(スウェーデン)が1イーグル、6バーディ
2018/06/24ダンロップ・スリクソン福島オープン

初勝利にあと1打 山岡成稔「優勝したかった」

プロ4年目。7番(パー5)からの3連続を含め前半で4バーディを奪い、2打のリードをもって迎えた後半インは1バーディに終わった。先にホールアウトしていた秋吉に追いつくためには18番のバーディが欠かせない
2018/06/16ニチレイレディス

李知姫が単独首位 鈴木愛は2打差3位で最終日へ

首位に浮上。39歳のベテランが後続に1打のリードをつけ、ツアー通算23勝目に前進した。 「今年はなかなか優勝争いがなかったが、調子が戻ってきて本当によかった。この調子をしっかりとつかんで、最後までいい