2020/10/09スタンレーレディス

原英莉花は「久しぶりに4パット」 モヤッと出遅れ46位

早めた。凍えながらホールアウトし、「ふとんに入りたいです」という小祝さくらを「かわいい…」と愛でる原。「私は、クラムチャウダー、飲みたいです」とスラリ伸びた背を丸めた。(静岡県裾野市/桂川洋一)
2020/10/09スタンレーレディス

ふとんが恋しい小祝さくら 「ため息しない」をがんばる

なかった。後半は体が冷えてきて手が痛くなったりした」と体を震わせる。小祝さくらが驚いたのは終盤に差し掛かった16番(パー3)。1打目で7Iを握ったにもかかわらず、ショットは120yd先のカラーまでしか
2020/10/09スタンレーレディス

新垣比菜は「すごく劣っている」?黄金世代でのポジション

164ydから6mまで運び、バーディフィニッシュを決めた。 若手が戦況を引っぱるツアーの構図は今年も健在で、黄金世代では「ゴルフ5レディス」で小祝さくらが、「日本女子オープン」では原英莉花がそれぞれプロ
2020/10/09スタンレーレディス

新垣比菜、山下美夢有ら首位発進 小祝さくら1打差追う

、イ・ナリ(韓国)、濱田茉優が降雨の中、1アンダーで首位発進を切った。 今季1勝の小祝さくらがイーブンパー8位とし稲見萌寧、穴井詩、テレサ・ルー(台湾)、ペ・ソンウ(韓国)らと並んだ。 前年覇者の黄
2020/10/07スタンレーレディス

“27ホール決戦”から1年 原英莉花は前年予選落ちのリベンジ

走る笹生優花、昨季賞金女王の鈴木愛が同組となった。 日本女子オープンで原への追撃が実らなかった小祝さくら、上田桃子らも出場。有村智恵は過去3勝をマークした好相性の試合となる。キム・ハヌル(韓国)は今季
2020/10/05優勝セッティング

“ジャンボイズム”継承 原英莉花の優勝ギア

た。単独トップから「68」で回り、小祝さくらにスタート前の4打差を詰めさせることなく、通算16アンダー。師匠の尾崎将司のお墨付きで、大会前に自慢の飛距離を最大限に生かせるクラブセッティングに見直してい
2020/10/03日本女子オープン

原英莉花が通算12アンダー単独首位 小祝さくら4打差2位に

から出た小祝さくらは3バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「73」と落とし、通算8アンダー2位に後退した。 仲宗根澄香が7バーディ、ノーボギーの「65」をマークし、穴井詩、吉本ここね、上田桃子、酒井美紀
2020/10/02日本女子オープン

「入らない…」から一転 鈴木愛は好感触の9位浮上

発進しながら伸ばし切れず8位に終わった。「デサントも良いスタートを切ったけど、きょうの方がゴルフは良いです」。賞金女王が手ごたえも口にしながら、首位・小祝さくらとの7打差を追う決勝ラウンドに入る。(福岡県宮若市/林洋平)
2020/10/02日本女子オープン

胃腸にやさしい雑炊 原英莉花は2連続バーディ締め

2連続バーディで締めた。首位・小祝さくらとの差を3打に戻し、独走に待ったをかけた。「(3パットが)着火剤になりましたね」と笑みを浮かべた。 前日は原因不明の腹痛によりスタート時間ギリギリにクラブハウス