最近のニュース 新着一覧≫


2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

キーガン・ブラッドリー 1 12:40 1:40 チャールズ・ハウエルIIIマシュー・フィッツパトリック 1 12:50 1:50 チェズ・リービーザンダー・シャウフェレ 1 13:00 2:00 スコット
2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

スティーブン・マカリスターが優勝し、2003年の「ダンヒル選手権」ではイングランドのマーク・フォスターが制している。 プレーオフ1ホール目では、ティショットをミスしたファンルーエンが脱落。一方、キタヤマ
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・ジョンソン パットン・キザイア ブルックス・ケプカ マーク・レイシュマン 松山英樹 ロリー・マキロイ フィル・ミケルソン フランチェスコ・モリナリ ジョン・ラーム パトリック・リード ジャスティン・ローズ
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

デビューを飾ったペレスとシュワブは、そろって最終日に「66」をマークし、アンセルはこの日のスコアを「67」とした。 通算14アンダーの7位にマシュー・フィッツパトリック。2打差の8位にはジェイソン・コクラック、パトリック・リード、ポール・ワーリングが入った。
2019/11/19ヨーロピアンツアー公式

「DPワールドツアー選手権」で知っておくべき5つのこと

2017年王者のトミー・フリートウッド、「ロレックスシリーズ」3勝のジョン・ラーム、今季「全英オープン」覇者のシェーン・ローリー、そして2016年「DPワールドツアー選手権」優勝のマシュー
2019/10/22ヨーロピアンツアー公式

36歳のコルサーツがパリで復活優勝

インイーグルでリードを奪い返したが、続く15番でダブルボギーをたたいて後退。ハンセンも17番をダブルボギーとしたことで、コルサーツが再びポールポジションについた。 シード権を争う状況で今週に入った36歳の
2019/11/19GDOEYE

貫いたリズムとプラン 新たなアマ王者・金谷拓実の強み

。 最終日、パワーで劣る21歳はノリス、Y.E.ヤン(韓国)という海外勢との最終組で幾度となくセカンドオナーになった。前日までのリードはハーフターンまでに2度の3パットでノリスに奪われ、ゲームの流れも譲った
2019/09/16ヨーロピアンツアー公式

ガルシアが初出場のKLMオープンを制覇

は13番でスライスラインを読み切ってバーディを奪うと、続く14番でも4.5mのバーディパットをねじ込み、首位のガルシアをとらえた。 一方、ウォレスも14番で4.5mのバーディパットを沈め、通算16
2019/10/08ヨーロピアンツアー公式

記録破りのラーム マドリードで2連覇達成

苛立ちはパー5の4番で2打目をピン側1.2mにつけるイーグルを奪ったことで雲散霧消した。 ラームは6番でガードバンカーからの寄せワンでパーをセーブすると、続くパー5の7番ではレイアップし、3.6m
2019/09/30ヨーロピアンツアー公式

ペレスが拠点のスコットランドで初の栄冠

ゲートが1番を3パットのボギーとしたことで、早くもペレスが単独首位に躍り出た。 両者そろってパー5の5番でバーディを奪うと、その後はサウスゲートがギアを上げる。6番で2打目をピンそば1.2mにつけて
2019/09/23ヨーロピアンツアー公式

素晴らしきウィレットのウェントワースでの勝利

」 ウィレットは2番で7.5mのバーディパットを沈めると、3番ではピンそば3.6mにつけるショットからバーディを奪い、2打差のリードを築く見事なスタートを切った。 ラームは続くパー5の3番で2パットのバーディ
2019/11/06優勝セッティング

鈴木愛は前回Vと同じセッティングで今季5勝目

大会名:樋口久子 三菱電機レディス 日時:2019年11月1日(金)~11月3日(日) 開催コース:武蔵丘GC(埼玉) 優勝者:鈴木愛 1打リードの単独首位から出た鈴木愛が通算14アンダーで後続を
2019/11/03マイナビABC選手権

今平周吾は痛恨の紛失球 イーグル締めも実らず惜敗

(韓国)に1打差で逆転を許した。一時は後続に2打のリードをつけたが、後半15番(パー5)から2連続ボギーをたたいて失速。最終18番(パー5)のイーグルフィニッシュも実らず、惜しくも今季2勝目を逃した
2019/08/26ヨーロピアンツアー公式

ファンローエンがスウェーデンで劇的勝利

最終ホールでバーディを奪ったエリック・ファンローエンがマシュー・フィッツパトリックとの最終日の熱戦を制し、「スカンジナビア招待」でヨーロピアンツアー初制覇を遂げた。 昨季、チャレンジツアーからの昇格