2018/04/09マスターズ

【速報】スピースが「64」で13アンダー リードが2打差守り上がり3ホールへ

折り返した。16番(パー3)では10mのバーディパットを決めた。 最終組でプレーするパトリック・リード(15ホール終了)が通算15アンダーで首位を守っている。リッキー・ファウラー(16ホール終了)がスピースと並んでいる。 仮にスピースが9打差を逆転して優勝すると、大会最大差逆転劇になる。
2018/04/08マスターズ

【速報】松山英樹は「72」でホールアウト

イーブンパーでホールアウトした。 前半4番(パー3)でボギーを先行し、7番でバーディを返した。10番で落としたが、2オンした15番(パー5)でバーディを奪った。続く16番(パー3)で2.5mほどに絡めて連続
2018/04/06マスターズ

スピースが5連続バーディで首位発進 松山、ウッズは29位

マークし、6アンダーとして首位で発進した。後半13番(パー5)から5連続バーディを奪い、後続に2打差をつけた。 トニー・フィナウ、マット・クーチャーが4アンダーの2位で続いた。キャリアグランドスラムの
2018/03/29ヒューストンオープン

ハリケーン被害とスポンサー探し ヒューストンが挑む難題

ブルージャックナショナルGCでチャリティプロアマ大会を開催。大会にはマーク・オメーラ、パトリック・リード、ジョナサン・ベガスら、わずか2週間で27選手が賛同してくれたという。 同コースを設計したタイガー
2018/03/25WGCデルマッチプレー

ジャスティン・トーマスが世界1位に前進 ベスト4出そろう

III● 〇K.スタンリー 3&1 S.ガルシア● 〇J.トーマス 6&5 キム・シウー● 〇C.スミス 2&1 T.ハットン● 〇A.ノレン 5&3 P.リード● 〇I.ポールター 2&1 L.ウーストハイゼン● 〇K.キズナー 1UP M.クーチャー●
2018/03/24WGCデルマッチプレー

池田は次週ヒューストン 宮里と小平はマスターズへ準備

。 3日目はザック・ジョンソンと対戦した池田は、15番までに2アップのリード。だが、16番、17番と連続で取られて引き分けに持ち込まれた。「きょうは勝てる試合だった」と悔しがったが、4週間で3試合を
2018/03/24WGCデルマッチプレー

日本勢4人は決勝進めず 世界ランク上位も続々敗退

) グループ1:ケビン・キズナー(36) グループ2:ジャスティン・トーマス(2) グループ3:キラデク・アフィバーンラト(32) グループ4:パトリック・リード(23) グループ5:キャメロン・スミス
2018/03/23WGCデルマッチプレー

【速報】小平智はミケルソンに善戦も連敗 池田勇太1勝1敗

・スミスと対戦し、6番を終えて2UPのリードを許している。 宮里優作は5番を終え、パトリック・カントレーに2UPとされている。 小平智はフィル・ミケルソンに1UPで敗れ、予選敗退が決まった。小平は7番
2018/03/22WGCデルマッチプレー

アイアンショット復調の松山英樹「満足度は高い」

.5mに寄せるもこれを外してボギーとし、勝負は振り出しに。その後は、9番以降の9ホール(17番まで)で6バーディを奪った松山が、一度もリードを許すことなく、2&1で初戦を制した。 「ひさびさにアイアン
2018/03/21ヨーロピアンツアー公式

「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」で知るべき5つのこと

ナンバーワンのダスティン・ジョンソンは、昨年、ただの一度も対戦相手の後塵を拝することなく優勝トロフィーを手にした。ジョンソンは、リードした状態、あるいはオールスクエアのまま全112ホールをプレーし、5度目
2018/03/12バルスパー選手権

ウッズは1打届かず2位 ポール・ケーシーが優勝

バーディ、1ボギーのイーブンパーとし、首位と2打差でサンデーバックナインへ。17番(パー3)でピン奥14mのバーディパットをねじ込み1打差に迫ったが、それまでの停滞が響く結果になった。 優勝したのは
2018/03/11ヨコハマタイヤPRGRレディス

アン・ソンジュが鈴木愛とのPOを制す 横峯さくら3位

◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日(11日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72) 2打差リードの単独首位から出たアン・ソンジュ(韓国)と、3打差を追ってスタートした鈴木愛が