2013/02/17PGAコラム

ノーザントラストオープン3日目 レビュー

・シンプソン、マスターズ覇者チャールシュワルツェルが、3日目「68」で回り、3打差の2位につけている。 ジョン・メリックは18番のボギーが響いて「70」でホールアウト。シンプソン、シュワルツェルと並んで
2013/11/29ヨーロピアンツアー公式

マドセンが好調を維持

イーグルを奪う好調なゴルフを見せた。 ディフェンディングチャンピオンのチャールシュワルツェルはイングランドのリチャード・フィンチ、スコットランドのデイビッド・ドライスデール、そしてフランスのビクター
2015/01/11ヨーロピアンツアー公式

”スーパー”シュワルツェルが他を圧倒し単独首位へ

「南アフリカオープン選手権」は大会初優勝を狙うチャールシュワルツェルが、堂々たる5打差の単独首位で最終日を迎える展開となった。 かつての「マスターズ」王者であるシュワルツェルは、出身地である
2013/02/18ノーザントラストオープン

ノーザントラストオープン 最終日レビュー

進出を断たれてしまった。最終日は「69」で同じく「70」で回ったチャールシュワルツェル、「73」のビル・ハースと並んで3位タイ。勝機は十分にあったと思われるだけに悔しさが残る。 単独トップ、2位以下
2013/11/23ヨーロピアンツアー公式

シュワルツェルとクレスピが大会をリード

南アフリカオープン選手権は2日目を終え、事前予想で優勝候補に挙げられていたチャールシュワルツェルがマルコ・クレスピと並んでトップに立った。 午後のラウンドとなったかつてのマスターズ王者である
2014/12/10ヨーロピアンツアー公式

レオパルドクリークでの大願成就を期すパラトーレ

「アルフレッド・ダンヒル選手権」4勝目を狙うチャールシュワルツェル、ルイ・ウーストハイゼン、そしてフランチェスコ・モリナリといった有力選手たちを向こうに回して上位進出を狙うのであれば、マナッセロ級の最高
2013/12/05ヨーロピアンツアー公式

エルス、“特別な大会”への思い入れを語る

両者ともにメジャー王者である南アフリカ勢の2人、アーニー・エルスとチャールシュワルツェルは、今シーズンより欧州ツアーに組み込まれることになったネッドバンクゴルフチャレンジの開催を前に、同大会
2015/01/10ヨーロピアンツアー公式

サリバンがイニシアチブを掌握

での初日を「66」でラウンドしたサリバンは2日目を「70」でラウンドし、通算8アンダーまでスコアを伸ばし、かつての「マスターズ」王者であるチャールシュワルツェルに1打差をつけた。 一方、メジャー4勝
2013/11/25ヨーロピアンツアー公式

南アでも普段着のプレー見せ、マドセンがうれしい初優勝

244位で迎えた25歳のマドセンは、4日間を通じ堅実なゴルフを見せた。初日に4ボギーを叩くも、その後の3日間は合計でわずか3ボギーに留めた。 最終日は、優勝候補で前日までトップのチャールシュワルツェル
2013/05/20PGAコラム

「HP バイロンネルソン選手権」 使用ギアまとめ

ビングアイアン』をゲームで使用した。マルセル・シーム(33位タイ)を筆頭に。 チャールシュワルツェルは、よりしっかり打球を捉えられるように、『ナイキ VRプロ ウエッジ』(ロフト:47、 54
2013/12/01ヨーロピアンツアー公式

タイトル防衛へ ペースを掴んだシュワルツェル

アルフレッド・ダンヒル選手権3日目は、「67」でラウンドし2位に2打差をつけたチャールシュワルツェルが、大会連覇に向けて前進した。 昨年ここレレオパルドクリークCCで2位に12打差をつけて優勝を
2013/03/10PGAコラム

WGCキャデラック選手権 3日目 レビュー

はそれらの選手を引き離している。「ホンダクラッシック」の勝者であるマイケル・トンプソンとセルヒオ・ガルシア(スペイン)は共に「67」で回り、チャールシュワルツェル(南アフリカ)とキーガン
2013/03/10ヨーロピアンツアー公式

ウッズがマイアミで更に一歩抜け出す

後方にもウッズの脅威となり得る沢山の有名選手達が控えている。 フィル・ミケルソンとスティーブ・ストリッカーは本日「69」で終え、通算13アンダー。セルヒオ・ガルシアとチャールシュワルツェルはそこから2
2015/01/12ヨーロピアンツアー公式

サリバンが逆転でツアー初優勝

アンディ・サリバンが劇的な幕切れとなったプレーオフでチャールシュワルツェルを下し、「南アフリカオープン選手権」を制覇した。 サリバンはプレーオフ1ホール目で木々の間から驚くべきショットを放ち、ピン
2015/05/20佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑158>ルイ・ウーストハイゼン(後編)

■Whoストハイゼン!?に発奮 母国で経験を積み、羽ばたく時がきた。欧州ツアーを目指し、意気揚々と渡欧したのだが、活躍までに時間を要した。同じ南ア出身で2歳下のチャールシュワルツェルは欧州ツアー3